今は・・

7月分の西洋占術の原稿を書いております。腰痛については、同じ姿勢を続けるのが良くないということで、たまには腰をあげ、家事をやっております。本日、買い物に出ることができましたが、まだ本調子ではないです。それでも数日前のような、悲惨な状況(とぼとぼと歩く)ではなくなってきています。

来週の火曜日で、腰を痛めてからようやく1週間ですから、これでも回復は早いほうだと思います。腰痛全般=ストレスだと猫病院の方が書いておられましたが、猫目石の中の人もうなずいております。

たとえば・・「好きなことをしたいのに、時間がないからできない」と否定的なことを考えると、途端に腰がうずいたりします。心の動きは敏感なんですね・・

それから・・・しばらく腰に気をとられていましたら、うちのベランダをパトロールしていた黒い猫(野良猫)が3匹子どもを産んでいました。今日みたところ、うちのベランダの室外機の横で、子連れでのんびりしていました。以前からこの猫は、猫目石のことを遠巻きにして、じっと見入っておりまして・・嫌われてないことがわかっていたのでしょうね。

猫ってすごい敏感ですね。でも悪さをしないので、そのまま放置です。

あれから腰の痛みに気を取られながらも、今後の事を改めて、猫目石のばぁさんが確認してきました。

ばぁさん「やっぱり音楽再開だね。西洋占術は今ある仕事だけにして、だんだんと卒業していこうね。」
猫目石「うん。そのほうがばぁさんも安心できるよ。」

ばぁさん「もう変な欲もたないよ。変な欲もつから、病気になるね。」
猫目石「それは病気じゃなくてちょっとした迷いさ」

ばぁさん「なんだか楽になってきた。少し時間ができたらのんびりしたいやね。近々契約に田舎にいくけど、猫目石もついてくる?」
猫目石「行くよ。今度は義理父の残していった洋服をもらってきて、ぬいぐるみの修理に使おう。」

ばぁさん「あんた猫の癖に、電話の話をよく覚えているね・・」
猫目石「あのぬいぐるみは、相当ぼろぼろで、ばぁさんが捨てようとしたところ、仲間の4匹が引き止めたから良かったんだよ。あの子を人形供養にもっていたら、最後は煙になるよ。それはあんまりかわいそうだと、宮ノ島しろさんが、あんたの足を踏んで止めたのが良かったね。」

ばぁさん「これから毎晩、音楽鑑賞会やるよ。今日は『祭り』という曲を聴いて、いろいろと妄想をめぐらすのさ。」
猫目石「なんだか音楽の世界にまた浸かりそうだね。それがばぁさんの健康の元だよ。」

ばぁさん「占断はろくなことなかったから、いち早く撤退だ。」
猫目石「あんたころころ気が変わるから、向いてないや。」

ばぁさん「そろそろ、根の生えたグリンピースをゆでて、晩酌のつまみにでもするよ。」
猫目石「わたしはシャワー浴びるわ。」

今日は独り言が多くて、音楽のレッスンの話題までは書けませんでした。近々、少し触れますね。


スポンサーサイト

テーマ : 音楽的ひとりごと
ジャンル : 音楽

音楽制作のページ

HPに音楽制作のページを追加しました。ついでに、お問い合わせのフォームを変えようとしましたが、無料のものは、どこも同じですね。変える必要もなく、下書き状態にしてあります。

ところで・・・不摂生がたたり、腰痛です。朝はひどかったのですが、数時間したらゴミを捨てにいけるようになり、今21時半ですが、なんとか立ち仕事もこなし、ピアノも弾き、机に手をつかなくても、曲がりなりにも立てるようになってます。が、しかし、直立不動ではなく、前のめりになってます。

腰痛=神経痛もあると思います。太ももにもキテますので・・・ここのところ、気温の変動が激しく、暑かったり寒かったりです。再び、厚手のものを着込んでおります。きのうは、暑い暑いと扇風機でしたのに・・・ 他には、ストレスです。

ストレスというものは、後から出てくるようですよ! ちなみに、座骨神経痛はストレス性だそうです。

義理父がなくなってからというもの、お使いにやらされることが多く、そういう面でもはりきりすぎましたか・・・いずれにしましても、音楽をメインとしていきます。以前からやっていた仕事ですし・・・

それから・・西洋占術のレッスンのこと。考え中です。初級、中級、上級と分けるつもりでしたが、やめようかと思っております。大体のことを勉強してもらって、追加で習いたい人は、月ぎめでくるという形がいいかもしれません。

初級は三ヶ月程度としていましたが、レッスンの回数が少ないとできません。でもこちらも多忙なので、4〜6ヶ月(希望にもよるが)にして、終わらせることを考えてます。半年たてば、相当できるようになっていると思います。

占星術の知識も一緒にやっていきますね。アスペクトなど、暗記に頼るのではなく、サインの特質など織り交ぜて、考えていただきます。カードも同じく、決めつけるのではなく、考えていただきます。で、文章にすることが、大変勉強になります。ただ、趣味でやる方はそこまでできなくてもいいと思いますよ。強制はしません!

よく、占星術=統計学とおっしゃっている方がいます。これ、違います!! 人によって読み取り方も違うし、感覚も違う。すごく感覚的なものです。猫目石も、中の人に教わって、ようやくわかってまいりました。

これって音楽と同じですね。たとえば、同じ曲でも、違う感覚で演奏する人もいるし〜ということです。全部同じだったら、何もおもしろくないです。

うちのレッスンは、占いにふりまわされるんじゃなくて、占いから脱出し、自立していくためのものです。猫目石も勉強してみて、すごく良かったと思ってます。やはり、何事も理解して、卒業するのが良いでしょうな・・先入観でみていても、だめですね。

今の猫目石とばぁさん(中の人)は、別の道に進みつつあるんですわ! 占いなどにはあまり関心がなくなってきてます。西洋占術から、何か新しいことが生み出せればいいなぁと思ってます。その一つが、自立のレッスンですね。

作品制作とは別のこととして考えますが、筋書きとしては、預言猫の物語なので、なにかしら影響を受けているかもしれません。つらつらと猫ごとを書いておりますが、次回はレッスンの内容について触れます。










テーマ : 日記
ジャンル : 音楽

ずっと仕事にかかりきりです

ただいま、6月分の西洋占術による予測のお仕事をしております。文字数が多く、大変ですが、やりがいがあります。以前にも書きましたが、西洋占術は、副業の位置付けになりましたので、肩の力を抜いてやっております。

それからお問い合わせがよくある、コンサルテーションの件。依頼されて千葉県の松戸で月に二度、対面をやっております。他には、5月中旬くらいから某所で少しだけ、お仕事をさせていただきます。

上記は猫目石が主宰しておりませんので、いつまで続くかはわかりません。が、しかし、ご興味をもたれた方は、お問い合わせくださいませ。

昨日は義理父の戸籍謄本をとるための手続きをしたり、猫目石の中の人が、コンビニで印鑑猫証明書や、猫の家登録−−義理父戸籍住所つき というのをせっせととったり・・・・さまざまなことをやっていたのはよろしいのですが、コンビニのマルチファクスとゆーのでしょうか?そこに猫用iphoneを忘れてきました。

だいぶ時間が経っておりましたが、見ず知らずの猫さんが届けてくださいまして、無事に使うことができました。ありがとう存じます。日本の猫さんたちの良さを思い知りましたね〜

義理父の相続については、まだまだ続きます。大した財ではございませんが、法律的な手続きに手間がかかっております。恐らく7月くらいが限度だと思いますよ。これ、猫目石の中の人がカード占断しておりましたよ〜

故郷へ行くのは、前回の4月だけではなく、再度行くとの予測がでており、「あれっ??」と思っておりましたら、本当に昨日連絡があり、再度故郷へよばれていくことになりました。→予測では「5月に話があるよ」と出ておりましたのです。なんだか、怖いですね〜

だからこそ、猫目石の中の人は、占断から撤退したのでございます。特にカードで時期や、金額や、数を的中させることは難しいということです。しかし、中の人は、的中させることが多いので、師匠にも一目置かれております。

それはともかくとして、レッスンについてですが勉強の仕方もご指導できたらなぁと猫目石は聞いております。特に占星術に関しては、そうは簡単に理解できません。ネットで人さまが書いたことを鵜呑みにしても、絶対に広がっていきませんよ。

理解できる方法があります。こんなに占星術っておもしろかった?と思えるんですよ。占星術の醍醐味って、自分で予測する面白さなんですよ。丸暗記じゃないです!それはカードも同じで、自分のやり方を編み出すことが大切。

独り言を書いて意味不明でしょうが、要約すれば、「自分なりの考えでやっていけばおもしろい」との一言につきます。社会科の年号暗記のような感覚では無理だということです。




テーマ : 日記
ジャンル : 音楽

HPを手直し中&レッスン

HP Labo-Chironを、一部手直しいたしました。先月中に全てを手直しするつもりでしたが、義理父の死去に伴う、事務処理が予想以上に手間取りまして、全てを手直しすることができておりません。

少しお待ちください。

5月中旬以降に、レッスン音楽制作worksなどについて記していく予定です。レッスンは、西洋占術と音楽に関するものです。西洋占術を飯の種にできますよ、ではなく、西洋占術を自分で手がけることにより、依存から脱することを目的としています。

もちろん、お仕事にすることは、十分できます!しかし、お仕事=お金であります。金、金!と労働に勤しみ過ぎ、身体に鞭打って占断を続けても、大概2〜3年で終わってしまう方がほとんどのようです。心身共に疲れ果てて、引退される方も多いときいています。そこまでして、やるお仕事ではないと、猫目石は断言します。

不安で仕方がなく、占いに頼ってしまい、占い師もどきにその場限りの良いことを言われて、一喜一憂している方々。
人生を長いスパンでみることができない方。
ご自身で思考整理をし、未来を自分自身の力で開拓したい方。
などなど・・

人(占い師など)に頼らず、自力で生きぬくために、レッスンをしたいと思った次第です。

テキストめいたものは猫目石が作る予定です。初級、中級、上級とありまして、初級だけでも十分実力がつくようにしたいですね。ちなみに初級は6回です。上級になりますと、占星術の細かい知識とカードを組み合わせて、ご自身の先を読み取れるようになります。下手な占い師より、あなたのほうが上だと思いますよ。

猫目石はチャート上、カルミネート土星射手座ですので、間口を広げて、大衆向けにやるのは苦手です。特別に西洋占術に限らず、全ての分野で職人肌だと自負しております。そのために、今回も少ない人数で、かっちりとやっていきます。また、土星らしく、創作活動を主流にしていきますので、空いた時間でできる人数を、確実に導きたいと思っております。

創作や芸術活動をやっていて、副業があればなぁ・・と思っている方、そういう方にも良い案を提示します。やはり・・創作に時間をかけたいと思ったら、時間に縛られる仕事をやっていてはいけません!定収入もなければいけない・・・となると、いろいろ考えますよね?

こちら系の方々にもこのレッスンは役立つと思っております。もちろん、猫目石は猫族ですので、人族にはあてはまらない可能性もありますので...というのは嘘で、人族の猫目石の育ての親は、本気で書いております。

いずれにしろ、もう少し待ってくださいね。

テーマ : 日記
ジャンル : 音楽

イェルク=デームス ピアノリサイタル

20日、イェルク=デームス氏のリサイタルに伺ってまいりました。日経ホール、音響効果が非常に良い。しかし、この日は客層があまり良いとは言えなかったです。帰り際、もう少し高くても良いのでは?と思いました。

デームス氏は89歳。私の母と同じ年です。飛行機に乗って日本までいらっしゃるだけでも凄い。それだけではなく、演奏活動をあちこちでやるという、バイタリティにも驚きます。ピアノにたどりつくまで、大丈夫かなぁといった雰囲気でしたが、演奏に入ると、ご自身の世界で遊んでおられると感じました。

ご高齢なので、ミスもありますし、あちこち危なっかしいところも多いのは仕方がありません。

そういうことはおいといて・・・
この方は、「歌の人」との印象を強くしました。第1曲目の、バッハ「半音階的幻想曲とフーガ」から、歌があちこちから聴こえるように思いました。最終に向けて、かっちりとまとめようとする意図が感じられましたが、導入部分は、本当に幻想的で、タイトル通りの演奏をしていただきました。

全体を通して、音価が正確ではない。だからといって直してほしいとは思いません。それを言ったところで、直してくださるような方ではないとお見受けしました。演奏から、大変頑固であると感じました。音価、リズムなどについては、なぜか高齢の演奏家の方、みなさんが、同じようになるのは、腰が弱るせいでしょうか?

このような不正確さを超えて、歌が満ち溢れた演奏でした。

最も良かったのは、最後の「トロイメライ」でした。正直申し上げて、このような素晴らしい演奏を聴いたことがありません。やはり、この先生は、シューマンのような歌心をもつ作家が得意なのでしょうね?絶品でした。

傷はあるものの、フランクが聴けた事が良かったです。音が美しいのですね、フランクって。元々大好きな作家です。

全体を通して感じた事。正統派ですが、年齢のためにコントロールがうまくいってないのでしょう。若い時の演奏を、CDで聴くのがよろしいかと思います。

2017年は、私が良いと思った演奏会にたくさん足を運ぶこととなりそうです。秋には「冬の旅」を聴きにいきます。来月以降も、良さそうな演奏会には、行ってみるつもりです。






テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

プロフィール

猫目石金平

Author:猫目石金平
55年間、主として音楽のみで活動してきました。趣味としてタロット、周易を楽しみつつ、自己流で極めてきましたが、2011年に占術家小池雅章氏(青山五行主宰)との偶然の出会いを経て、西洋占術(タロットカード 西洋占星術)のレッスンを受けることになりました。

しかし・・・・・・・

2017年3月までは、何を主としていくか決められず、思い悩んでおりましたが、3/22の父の死より、急激に気持ちが変化いたしました。

父が亡くなる前、私の演奏や曲を聴きたがっていたこと、その他さまざまなことが重なり、方向転換することを決めました。

2010年より創り続けている作品、預言物語「オーフィアス組曲」を世に出すことを主流といたします。他には、西洋占術のレッスンを、多少行う予定でいます。予定ですので、未定とも言えます。

こちらでは、創作や演奏、星の話、たまにカードの話も織り交ぜながら、肩の力を抜いて書いていきます。

オフィシャルサイトを作りました 
 ↓ ↓ ↓
Labo-Chiron

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR