腱鞘炎

少し前まで、youtube鑑賞に熱を入れすぎたばぁさんは、年のせいもあり、肘の腱鞘炎になってしまいました。頬杖をつき、見なくていいのに、ノートパソコンをガン見しすぎて、時間も忘れ、気づいたら腕に激痛が走るようになってしまいました。

最も苦しかったのは、13日頃でしょうか?17日頃(おととい)あたりからは、少しづつ楽になってきております。今日は、一段と痛みが引いてきました。右側だけが激しく痛んだので、最初は帯状疱疹の前兆だと勘違いしたばぁさんです!

「帯状疱疹ってゆーのは、水疱瘡のようなぶつぶつが出るんじゃないの?一度見てみぃ。」
と猫目石に諭されたばぁさん、なんでも水疱瘡のようにみえてくると言いまして・・・慌てました。皮膚科にいってみてもらおうかと思ったようです。自分で作り出した原因も忘れて!

しかし、皮膚科にgoしようとした本日、痛みも引いており、中止いたしたようでございます。

ただ、帯状疱疹は義理母が一昨年あたりかかったこともあり、いちお、ワクチンを打っておくのも悪くないと思ったようです。早速、検索をかけて、多少料金が安く、できるだけ近いところを調べておりました。保険ききませんのでね。

何かと猫騒がせなばぁさん。考えすぎなんですよね。

デュオの曲は、腱鞘炎なのに鉛筆を動かしては、終わりまで書き上げたようでございます。これから、浄書に入りますが、鉛筆を持って書くことは肘に負担がかかるってことで、midiキーボードでリアルタイム入力をメインとするようですわ。大変複雑な曲ですけど、以前のソロの曲のデータが残っておりますので、だいぶ楽だと、もうしております。

オーフィアスの曲、2018年は1章ぶんだけを出していくことにしてます。これだと長い曲で7曲くらいでしょうか?短い曲(文章に付随した曲)はCDだけに入れてはどうか?と考え中なのです。2017年までとは、180度逆転しまして、現実化に踏み出しております。

しかし、2017年12月(今から4ヶ月ほど前)の初旬には、まさかこのような方向になるとは思っていませんでしたね。あのときはまだ、内職をやっておりました。実は内職を昨年6月頃に、先方に一度お断りの依頼をさせていただきました。気の弱いばぁさん、ばちっと決め台詞を言えず、かなりやんわりと遠回しに主張したのでございます。

先方は「これでも良い収入になっているのだから、続けてほしい」と言ったそうです。で、続けることにしたのですけれど、このままいけば一生この内職で終わってしまうのではないか?と、危機感を感じていたところ、終わりになってしまったのです。

理由は書きませんけれどね。(喧嘩ではありません)

なるようになるんだなぁと、今になって思います。加えて、本当に自分の好きなことをやるべきで、人から無理に勧められて、なんとなく始めたとしても、続かない!このように強く思ったようでございます。これも、ばぁさんの曖昧な物言い、やんわりとした言葉が招いた誤解から始まっております。

よくないですね。そーいうこともあり、猫目石のバックアップもありまして、ばぁさんはいやなことはいやと主張するようになってまいりました。先日も思い出したように、一ヶ月以上も前のメイルに返信をしておりました。結果的には、良き方向に進んでいるようでございます。

仕事をやるかどうかはわかりませんけれど、相手がたに本心をわかっていただくことは大切ですものね。ばぁさん、今から腱鞘炎のためのシャワーを浴びるようです。猫目石も引っ張られております。






スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 音楽

作品お披露目やコンサートについて

先日、あるコンサートに伺いました。音楽そのものはレベルも高く、よかったと思いました。しかし、モノがモノだけに(現代音楽)ご招待が多かったように感じました。間違っていたらすみません。

われわれは、お金を払って伺ったとしても、つまらない演奏会なら途中でどこかに行ってしまうことが多いのです。今回はそのようなことはなく、勉強にもなりました。苦痛なのは、一部の演奏家の書いたオリジナル作品や、アレンジものがある催し物です。

演奏なさっている方は気持ちが良いかもしれません。しかしお金を払って聴かされるわれわれは、非常に辛いものがあります。われわれ、いちお音楽を勉強しておりますゆえ、良くも悪くも、全て聞こえてしまうのです。

それはともかくとして・・・われわれの作品お披露目は演奏会ではなく、ネット配信を使うことにしました。演奏会に足を運ぶ方は、ファン以外にありえません。義理で演奏会にきてもらって、いやな思いをしてもらうのは、われわれの気持ちにはそぐいません。

ほんの少数でも、作品に共感をもってもらえる方に、聴いてほしいのです。スポティファイが上場したようですね?他にもさまざまなサービスがあります。そういうものを活用していきます。もちろん、音源(CDかCDブック)は出しますけれど、このような物品は現状では、よほどの熱意のある方しか買ってくれないと思います。

演奏会にわざわざ出向くことは、それだけでも疲れることなのです。切望して出かけた演奏会ならお茶飲んだり、お酒でも飲んで帰ろうかという気持ちになります。招待されていった演奏会では、そういう気分にならないことが往々にしてあるのではないでしょうか?

上記の考えにより、配信重視がいいのではないか?という結論に達しました。昨年まではミニコンサートをやろうかという気持ちにもなっておりました。しかし、そんな催しを計画しても、足を運んでくださる方にも迷惑がかかり、われわれも予算面で苦しむと思います。迷惑に思われてまで、やる必要はありません!!!

他には・・・音楽の種類について。古典の名曲を名演奏で聴いたり、調性音楽を聴くにつけ、ほっとするわれわれがおります。オーフィアスも部分的には無調性ですけれど、全体は調性音楽です。

最近はカルロス=クライバーのカルメンやボエームをよく拝聴しております。このような魅力ある音源にわれわれは、惹かれます。

現状では、方向性をばちっと決めて進んでおります。古典の名曲に近寄れるほどのものではありませんが、今までのわれわれの中では、最も完成度の高い楽曲を配信したいと思っています。

オーフィアスは1章から6章まであります。1章づつ配信していきたいと思っております。文章はライナーノーツとしてくっつけるか?CDブックにするか?考え中でございます。



テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

プロフィール

猫目石金平

Author:猫目石金平
55年間、主として音楽のみで活動してきました。

しかし・・・・・・・同じような仕事の繰り返し、黙ってやっていれば安泰だけど、自分の本当の意味での作品が作れないとの危機感に陥っていたのが、2008年〜2009年。

2010年に、10年以上続けた仕事を断り、自作品を作ることにしました。

2013年より2016年頃まで、ちょっとした迷いがあり、音楽活動を休止。

2017年3/22の父の死により転機が訪れます。父が亡くなる前、私の演奏や曲を聴きたがっていたこと、その他さまざまなことが重なり、創作活動に的を絞ることを決意しました。

2010年より創り続けている作品、預言物語「オーフィアス組曲」、さまざまなことが重なり、なかなか時間がとれませんでしたが、2017年初夏、集中できる環境に入りました。

2017年末、音楽の世界に本格的に戻ります。
2018年、新たな自分の世界を構築する方向に向かっています。

オフィシャルサイトを作りました 
 ↓ ↓ ↓
Labo-Chiron

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR