オーフィアス組曲の犬族、アリクイ族

以下は、キロン診療所スタッフのご紹介です。キロン診療所は、動物のための診療所ですが、孤児も大勢おり、皆で協力してお世話をしています。診療所の卒業生たちは、独立し、轟湾岸(とどろきわんがん)などで漁猫となったり、農場を運営したりして、収穫物を診療所に届けています。


:アリクイ族:
アリーナ   射手座
瑠璃ヶ丘在住。

キロン診療所所長である。見た目は老いているがかくしゃくとしており、何事にも先陣を切る。震災が起きて後、孤児院を増設した。


:犬族:
1)ロイス (フレンチブルドッグ)  水瓶座
瑠璃ヶ丘在住。

キロン診療所チーフの獣医。子犬の頃、愛護センターからアリーナによって引き出された。アリーナは異種でありながら、ロイスの素質を見抜き獣 医として育てあげた。

今では、どんな動物でも対応できる、ベテラン獣医としての誉れが高い。

2)セルゲイ (樺太犬) 獅子座
瑠璃ヶ丘在住。

迷い犬であったが腕っぷしの強さと対応力を買われ、キロン診療所の警備や案内など、まとめ役を任されている。


スポンサーサイト

テーマ : 作詞・作曲
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

猫目石金平

Author:猫目石金平
55年間、主として音楽のみで活動してきました。

しかし・・・・・・・同じような仕事の繰り返し、黙ってやっていれば安泰だけど、自分の本当の意味での作品が作れないとの危機感に陥っていたのが、2008年〜2009年。

2010年に、10年以上続けた仕事を断り、自作品を作ることにしました。

2013年より2016年頃まで、ちょっとした迷いがあり、音楽活動を休止。

2017年3/22の父の死により転機が訪れます。父が亡くなる前、私の演奏や曲を聴きたがっていたこと、その他さまざまなことが重なり、創作活動に的を絞ることを決意しました。

2017年末、副業仕事から完全撤退し、音楽活動を再開します。
2018年6月、音楽創作活動に本格復帰。同時に商業的な音楽活動も再開。

11月24日、天王洲にて、オーフィアス組曲中の楽曲の一部、生演奏によるお披露目の機会を得ました。詳細は後ほどお知らせします。

オフィシャルサイトを作りました 
 ↓ ↓ ↓
Labo-Chiron

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR