昨日のコンサートを聴いてからというもの、書き始めた部分で、どうにも納得のいかない、ぺらぺらした部分を削りました。昨日の曲を聴いてから、スピリチュアルとはいっても、さまざまなのだな、と思いました。

昨日の曲は、カトリックの敬虔な信者=メシアン氏の創作物でしたが、音楽的に高度であるとか、優れているだけではなく、スピリチュアルセミナーに参加するより、もっと大きく人を変えさせる威力をもっていると思いました!昨日は、スタンディングオベーションをしている人が多く、ロックのコンサートよりは控えめですが、後ろから最前列にまで移動していって、拍手をしている方もいました。

あれだけ人の心を揺らせるというのは、曲と演奏者の魅力でしょう。宗教の力の偉大さでもあると思いました。何度も書いていますが、激しく強い曲調で、統一感がすごい。真っ二つに気持ちを叩き割り、「信じるってゆーのは自分を破くことなんだぞ!こらっ!」と顔を殴られている気持ちがしました。

リズムが激しいです。滝で修行をしているようでした。猫目石一家は、胸ぐらを掴まれ、振り回されましたよ。ばぁさんは椅子からおちて身体に痣を作り、猫目石は尻尾をつかまれてふりまわされました。猫目石、プロフェットクレアーレですからね、一声もあげませんでしたぞ。

お金を払って修行に参加したようなものでしたな・・・猫目石はヒゲが切れまして、危ないっていうことで、バァサンのカゴに入れられて、夜道を戻ってきました。ばぁさんは、精神が高ぶっていたのか、家に入るなりピアノの前に座り、くだらない部分を見つめ直しておりました。で、深夜まで迷っていたようにみえましたが、本日の朝、以前にくっつけていたファンファーレの後半をばさっと切り、この部分は別の部分に、エッセンスだけ使うことにしたようです。

猫目石一家、昨日の曲にまだうなされておりまして・・・掃除も手につかず、夕方になってやっと掃除機を使い始めましたよ。なんだか猫生を変えられたようです。

下手なスピリチュアルセミナーで大金を使うより、音楽のほうが効果が大きいなと思いました。また、ジャンル的にも軽めのものは耳に入れたくないなと思いました。やはり、クラシックの古典、次世代にまで残る現代曲ですよ。われわれはこーいうものを聴き、家の中を氣で満たすことになると思いますよ。

やはり、猫目石一家は音楽に始まり、音楽に終わる一家なんだと思いましたよ。儲からないからやめるとか、言ってる人も大勢いますが、そーいう方々は音楽=金儲けにしたいとして、やってきたんではないでしょうか?

うちは儲からなくても続けますよ。



スポンサーサイト

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

猫目石金平

Author:猫目石金平
55年間、主として音楽のみで活動してきました。

しかし・・・・・・・同じような仕事の繰り返し、黙ってやっていれば安泰だけど、自分の本当の意味での作品が作れないとの危機感に陥っていたのが、2008年〜2009年。

2010年に、10年以上続けた仕事を断り、自作品を作ることにしました。

2013年より2016年頃まで、ちょっとした迷いがあり、音楽活動を休止。

2017年3/22の父の死により転機が訪れます。父が亡くなる前、私の演奏や曲を聴きたがっていたこと、その他さまざまなことが重なり、創作活動に的を絞ることを決意しました。

2017年末、副業仕事から完全撤退し、音楽活動を再開します。
2018年6月、音楽創作活動に本格復帰。同時に商業的な音楽活動も再開。

11月24日、天王洲にて、オーフィアス組曲中の楽曲の一部、生演奏によるお披露目の機会を得ました。詳細は後ほどお知らせします。

オフィシャルサイトを作りました 
 ↓ ↓ ↓
Labo-Chiron

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR