作品お披露目やコンサートについて

先日、あるコンサートに伺いました。音楽そのものはレベルも高く、よかったと思いました。しかし、モノがモノだけに(現代音楽)ご招待が多かったように感じました。間違っていたらすみません。

われわれは、お金を払って伺ったとしても、つまらない演奏会なら途中でどこかに行ってしまうことが多いのです。今回はそのようなことはなく、勉強にもなりました。苦痛なのは、一部の演奏家の書いたオリジナル作品や、アレンジものがある催し物です。

演奏なさっている方は気持ちが良いかもしれません。しかしお金を払って聴かされるわれわれは、非常に辛いものがあります。われわれ、いちお音楽を勉強しておりますゆえ、良くも悪くも、全て聞こえてしまうのです。

それはともかくとして・・・われわれの作品お披露目は演奏会ではなく、ネット配信を使うことにしました。演奏会に足を運ぶ方は、ファン以外にありえません。義理で演奏会にきてもらって、いやな思いをしてもらうのは、われわれの気持ちにはそぐいません。

ほんの少数でも、作品に共感をもってもらえる方に、聴いてほしいのです。スポティファイが上場したようですね?他にもさまざまなサービスがあります。そういうものを活用していきます。もちろん、音源(CDかCDブック)は出しますけれど、このような物品は現状では、よほどの熱意のある方しか買ってくれないと思います。

演奏会にわざわざ出向くことは、それだけでも疲れることなのです。切望して出かけた演奏会ならお茶飲んだり、お酒でも飲んで帰ろうかという気持ちになります。招待されていった演奏会では、そういう気分にならないことが往々にしてあるのではないでしょうか?

上記の考えにより、配信重視がいいのではないか?という結論に達しました。昨年まではミニコンサートをやろうかという気持ちにもなっておりました。しかし、そんな催しを計画しても、足を運んでくださる方にも迷惑がかかり、われわれも予算面で苦しむと思います。迷惑に思われてまで、やる必要はありません!!!

他には・・・音楽の種類について。古典の名曲を名演奏で聴いたり、調性音楽を聴くにつけ、ほっとするわれわれがおります。オーフィアスも部分的には無調性ですけれど、全体は調性音楽です。

最近はカルロス=クライバーのカルメンやボエームをよく拝聴しております。このような魅力ある音源にわれわれは、惹かれます。

現状では、方向性をばちっと決めて進んでおります。古典の名曲に近寄れるほどのものではありませんが、今までのわれわれの中では、最も完成度の高い楽曲を配信したいと思っています。

オーフィアスは1章から6章まであります。1章づつ配信していきたいと思っております。文章はライナーノーツとしてくっつけるか?CDブックにするか?考え中でございます。



スポンサーサイト

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

クラッシックの世界は詳しくないのですが
音楽はダウンロード販売がよいような気がします
CDブックは国内展開になりますがネットで展開すれば世界に売ることができます
iTunesも間に会社を挟めば個人で販売できますし他にも販売サービスはあります
出来ればYouTubeやVimeoに曲の一部を美しい映像でアップして海外への拡散を狙いそこからダウンロードへの導線をつけるとか
テキストの分量がどの程度かわからないので何ともいえませんが

Re: 同感です!

魚座の方(Kさま)ですよね?

もし違っていたらごめんなさい。音楽、アマゾンでみていても、オペラやピアノ曲、シンフォニーなどの長い曲はダウンロード販売されているようです。ただ、最近はこれが縮小してきて、海外では定額制が(スポティファイやチューンコア??などなど)主流になってきているようですね。日本の場合はまだまだCDが良いようですけれど、時間の問題だと思います。

だいぶ前に伺ったことですけれど、若者はCDジャケットなどは捨てる傾向にあるとか?昔では考えられないことです。

> クラッシックの世界は詳しくないのですが
> 音楽はダウンロード販売がよいような気がします
> CDブックは国内展開になりますがネットで展開すれば世界に売ることができます

私もそうだと思っているんです。

> iTunesも間に会社を挟めば個人で販売できますし他にも販売サービスはあります
> 出来ればYouTubeやVimeoに曲の一部を美しい映像でアップして海外への拡散を狙いそこからダウンロードへの導線をつけるとか
> テキストの分量がどの程度かわからないので何ともいえませんが

テキストの分量は、1章づつだとそれほど長文にはなりません。前は、6章全部をアップしようとしていたので、手間取っていたんですね。この考えをやめることにしました。出す方法としては、ネットを使う方法、他にも考えて今、前にすすめているところでした。

海外展開も考えておりまして、文章を英訳してもらおうかとも考えています。ただその方、多忙ですので、考え中。

youtube、もちろんアップするつもりでした。映像は五里霧中。以前にも親戚に頼んだことがありますけれど、良きものはできてこないと思いました。できれば、興味をもってくださる他人にお願いしたいものだと思っています。

このようなお話は、出会いが肝心。そのうちまた、お話会を催す予定です。その折にでもお話できればと思います。ご興味あれば、いらしてくださいませ。

No title

はい、そうです。^^

CD Bookを作るとしたら、インターネットで販売数が増えた場合にプレミアボックスとして数量限定で出すとか、が良いように思います
ネット販売だと在庫も必要ありませんし、可能性が広がりますよね

英訳、音楽の世界は作品コンセプトは重要視されるでしょうか。
(であれば作品コンセプトは英訳された方がいいかも)
私は自分のプロフィールなどの英訳を最初は友人に頼んでいましたが
現在は有料ですが翻訳会社にお願いしています。

また次にお会いできる機会にぜひ

やはりそうでしたね?

kさま

次回(近々)お会いすることを楽しみにしております。実は、第一回目のお話会をしたときにも、kさまにも、多少関連がある方がきてくださいました。それはお会いしたときに、お話しします。

CDブックの件、ありがとうございました。今後もいろいろとヒントを与えていただければありがたいです。

音楽の世界でも、コンセプトは重要だと思います。知人は翻訳の仕事もしております。ただ・・・非常に忙しいので、どうかなぁ??とも思うんです。この知人が最も、オーフィアスのことをわかってはくれると思いますので、少しづつでもやってほしいと、勝手に思っているのですが・・・

いずれにしてもお会いした時に、いろいろなことをお話ししましょう。海外、作品のことなど、たくさんお話したいですね。



> はい、そうです。^^
>
> CD Bookを作るとしたら、インターネットで販売数が増えた場合にプレミアボックスとして数量限定で出すとか、が良いように思います
> ネット販売だと在庫も必要ありませんし、可能性が広がりますよね
>
> 英訳、音楽の世界は作品コンセプトは重要視されるでしょうか。
> (であれば作品コンセプトは英訳された方がいいかも)
> 私は自分のプロフィールなどの英訳を最初は友人に頼んでいましたが
> 現在は有料ですが翻訳会社にお願いしています。
>
> また次にお会いできる機会にぜひ
プロフィール

猫目石金平

Author:猫目石金平
55年間、主として音楽のみで活動してきました。

しかし・・・・・・・同じような仕事の繰り返し、黙ってやっていれば安泰だけど、自分の本当の意味での作品が作れないとの危機感に陥っていたのが、2008年〜2009年。

2010年に、10年以上続けた仕事を断り、自作品を作ることにしました。

2013年より2016年頃まで、ちょっとした迷いがあり、音楽活動を休止。

2017年3/22の父の死により転機が訪れます。父が亡くなる前、私の演奏や曲を聴きたがっていたこと、その他さまざまなことが重なり、創作活動に的を絞ることを決意しました。

2010年より創り続けている作品、預言物語「オーフィアス組曲」、さまざまなことが重なり、なかなか時間がとれませんでしたが、2017年初夏、集中できる環境に入りました。

2017年末、音楽の世界に本格的に戻ります。
2018年、新たな自分の世界を構築する方向に向かっています。

オフィシャルサイトを作りました 
 ↓ ↓ ↓
Labo-Chiron

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR