良きこと目白押しかも・・・

われわれの住処に、猫目石がかつて支えておりました組織の長=榊名二郎が戻ってまいりました。組織が解散いたしまして、数十年経ったでしょうか?

猫目石のことを長が覚えていてくれたことが嬉しゅうございます。それだけではなく、再会の挨拶を兼ねて、手土産をぶら下げてきてくれたのでございます。榊名二郎はばぁさんの好みをそれとなく、伺っておったようでございますね。

猫目石が世話になっておることを踏まえて、ばぁさんにはカルロス=クライバー氏の輸入盤ボックスセット、猫目石にはパイナップル猫ケイキをくださいました。少し前に連絡があったとき、二郎氏のご親友が台湾に生息しており、ご親友の口添えで、しかるべき品を手に入れ、もっていくとのことでした。

大抵こういうものは、社交辞令でございます。しかし、昔から榊名二郎は本音で語る猫でした。あの義理堅い性格は変わっておりませんでした。

われわれ、嬉しゅうございました。ボックスセットには、ブルーレイとカルロス=クライバー氏の音楽観についてのご本がくっついております。しかし・・・横文字に疎くて、宝の持ち腐れといったところでしょうか。

ドイツ猫ではございませんので、これを機に、ドイツ語もお勉強したいものでございますね。

それはともかくとして、更新頻度が落ちておりますのは、お仕事が忙しいからでございます。別に忙しいことを自慢しているわけではございません。本当に忙しいのでございます。この忙しさはばぁさんの50代初期に似ておりますね。ということは・・・12年前でございますよ。あの時は新たな出会いがあったり、突然オーディションに受かったりと、棚からぼたもち的なことが多かったでしたね。

あのときとは忙しさの種類が違いますけれど、全てを含めて良き方向に発展していければ嬉しいですな・・・

猫生と人生、変わりつつあります。今までの苦難が溶けつつある時を堪能しております。

↓これをいただきました。

スポンサーサイト

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

猫目石金平

Author:猫目石金平
55年間、主として音楽のみで活動してきました。

しかし・・・・・・・同じような仕事の繰り返し、黙ってやっていれば安泰だけど、自分の本当の意味での作品が作れないとの危機感に陥っていたのが、2008年〜2009年。

2010年に、10年以上続けた仕事を断り、自作品を作ることにしました。

2013年より2016年頃まで、ちょっとした迷いがあり、音楽活動を休止。

2017年3/22の父の死により転機が訪れます。父が亡くなる前、私の演奏や曲を聴きたがっていたこと、その他さまざまなことが重なり、創作活動に的を絞ることを決意しました。

2017年末、副業仕事から完全撤退し、音楽活動を再開します。
2018年6月、音楽創作活動に本格復帰。同時に商業的な音楽活動も再開。

11月24日、天王洲にて、オーフィアス組曲中の楽曲の一部、生演奏によるお披露目の機会を得ました。詳細は後ほどお知らせします。

オフィシャルサイトを作りました 
 ↓ ↓ ↓
Labo-Chiron

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR