FC2ブログ

HP更新

HPの創作活動のページ←こちらクリック を大幅に更新いたしました。

ばぁさん、このために約2時間程度時間をかけたようでございます。更新しつつ、われわれが変容するのに、約8年間かかったんだねぇとつぶやき遠い目をしておりました。そうですよ、ばぁさん!あなたは8歳年をくって、老人になったんです。

以前はばぁさんと言われてはおりませんでしたね。単なる未熟者でした。金平はそのころまだ、子猫でした。今やばぁさんの片腕として働いております。

更新したページにも書きましたが、われわれオーフィアス組曲の創作(文章も音楽も)をしていくうちに、人生も猫性も進化しました。言い換えれば作品とともに、成長したと言えると思います。


実は2006年あたりよりもずっと前から、仕事への葛藤がつきまとい、なんとか方向転換したいと思っておりました。2008年の暮れあたりに、オーフィアスのキャラクターに格上げされましたぬいぐるみ作家の方の消息が妙に気になり、ばぁさんはネットで検索をかけまくりました。で、長野の貸画廊の方から「あの方はご病気になってしまわれ、一切の制作をやめてしまわれたときいております」と伺いました。

ばぁさんは、一匹だけどうしてもほしい猫さんがいたのでございます。諦めきれなかったばぁさんは、ぬいぐるみメーカーの社長に頼みこみました。そうしたら翌年年賀状がきまして・・・「彼女は相当な重病だから難しいと思います」とのことでした。さすがのばぁさんも諦めていたところ、瀕死の状態にも関わらず、ぬいぐるみ作家さんから電話があったのです。これはメーカーの社長が「ぬいぐるみを作ることで生きる望みが湧いてきたら、少しでも長生きできるのではないか」と気を利かせてくださったのでした。

ばぁさんはいつ亡くなるかわからない方に頼むのに、躊躇したのですが、作家さんが「作らせてください」とおっしゃったので、受け入れたのでした。そのとき、宮之島しろさんは「かぁさんが死ぬ」と言いつつ、ベッドにつっぷして泣いておりました。本当は一度お目にかかりたかったのですけれどね・・・そうすれば、しろさんにもじゅりさんにもあわせることができたのにと思いました。残念でならなかったです。

このようなある意味、不思議なご縁をいただいて、オーフィアス組曲の創作はスタートしたのでございます。4ヶ月後に、作家さんは息をひきとりました。われわれ、お別れ会でファン代表として挨拶までいたしました。年末には、会社主催で個展まで開いたのでございます。

個展では、ばぁさんが書いたメールまで陳列されまして、その文面に心を惹かれたお客様が、いっぺんに猫を四匹も買っていかれたと、伺いました。その方は、ペンションを経営されており、「この猫は売り物にはしたくはない。」とおっしゃられたようです。感じるものがあったのでしょう。

その後、われわれの元に、白猫さんと黒猫さんがやってまいりました。最後の二匹だということでした。白猫=鈴さん、黒猫=ノアさんとなり、作品中に登場しております。

その後は、七転八倒、紆余曲折の毎日でございました。2015〜2016年くらいにかけての窮乏ぶりも、今となっては懐かしい思い出となりました。お湯も出なくなり、エアコンも壊れ、お金がなくて電車にも乗れず・・・それなのに健康になり、夏を満喫したしましたね〜

ばぁさんは針のむしろに座りながらも、曲を書いておりました。将来の目処もたたず、どうにもならない状態でしたのに。

今のわれわれは、何かを乗り越えたと感じております。心が真っ白になりまして、他人や他猫も気にならず、ひょうひょうと生きております。ばぁさんも、肩の力が抜けてまいりまして、楽だといっております。

思えば、音楽の世界からも2013〜2017年末くらいまで足を洗っておりました。復帰することはないと思っておりましたのに・・・わからないものです。また、偶然が偶然を呼び、西洋占術なるものをおすすめになった方とは、バチっとご縁がきれてしまいました。ちなみに、バチっと切れた日は亡き父の月命日でございました。

われわれにとって西洋占術を勉強したことは、無駄ではなかったです。たったひとつ・・・「未来はわからない」という事柄を体験により理解できたことは大きいです。

亡き父の病がもたらした幸運は、あちこちにあります。親というものは、亡くなっても子供のことを思っているのでしょうか?

ばぁさん、夢中になって長文を書いておりますが、このへんでやめると言っております。われわれが書きたかったことは、大きく方向転換するには一朝一夕にはいかないということです。8年というのは一区切りですね。他人、他猫との関係においても、われわれの体験によれば、8年で別の方向にすすみます。

8年間何もできなくても、必ずや闇が明ける日はくるということ。また、夜明け前が最も空が暗くなるんですよ。われわれも自然界の一員であれば、この真っ暗闇を体験する必要があるんです。夜明け前を体験するには8年くらいかかるんでしょう。

あ、それから新blog準備中です。「はてなぶろぐ」でやります。楽曲分析、介護のこと、オーフィアスについても触れますよ。たまには密造酒についてもね。楽曲分析については音楽だけで語るのではなく、内面から書いていきます。何にしても人間のやること。人間の内面から踏み込まなければ、分析したことにはなりませんのどね。
スポンサーサイト

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

「あるがままに生きる」〜禅の思想

われわれマーケティングの無料講義を受けておりました。講義中、「作品の世界観」を言葉にして表せという宿題が出ました。

世界観というものが明確でなければ、ビジネスにしろ、アーティスト活動にしろ、うまくいくわけがない。世界観をわかりやすく言い表す言葉をみつけるのが非常に難しかったです。亡き義理父が30年ほど前に、重い神経症にかかり、再起不能と言われた出来事は前回の記事でお伝えしたとおりです。義理父年齢にして60歳くらいの時、あの時死んでいてもおかしくなかったのに、救われた思想をもっと追求したいと思い、書籍に毛むくじゃらの手をしょっちゅう伸ばしては
ばぁさんに叩かれております。

本を毛だらけにしてはいけないよ 読んだあとはミニ掃除機で毛の後始末をすること!!!

葛藤や不安が沸き起こったとしても、コントロールせず放っておく。金平のような猫族、ロイス氏のような犬族は、生きることに意味づけなんぞしません。それは植物なども同じでして、自分の意思でコントロールなどしませんね。花はただ咲いているだけです。存在を誇ることはしません。

人も生物も皆同じ。心を知力でがんじがらめにするのは徒労です。最終地点は死。決まっているんだからジタバタしても仕方がない、今目の前にあることを何も考えずにやりましょう。先のことなんて全然わかりませんぞ。将来を考えて不安を感じたり、過去の失敗を悔やむ必要はありません。

それはわれわれが数年前に、西洋占術なるものを手がけた結論です。お金もかかりましたし、時間的に大いなるロスでもありましたし、猫関係にも悩みました。しかし、先のことはわからないというたったひとつのことを理解できたことは大きかったです。

これはひとえに作品のためであったのかもしれません。二度と関わらない世界ですけれど、今になってみれば必要であったこと。現在のわれわれ、過去には執着しなくなりました。今は「あるがまま」のご本を読んだり、義理父がお世話になった先生(義理父と同い年で存命)の講話集を読ませていただいて、底知れぬ力が湧いて来るのを感じています。

スティーブ・ジョブズやイチローも禅の思想を身につけていたとか?

われわれはまだ極めるところまでは至っておらず、入り口に一歩踏み入れた程度ですが、心が一瞬にして変化していくように思います。だんだんと変わるのではなく、即変わるのです。

本日もお茶をいただきながら、「こーいうゆとりがなければ何事もうまくいかないね。たまには日常を忘れてのんびりしなければ、見えるものも見えてこないんじゃないかな?」と話し合っておりました。ですから、マーケティングやらなんやらについても、達人のご本を読み参考にさせていただいくことはありますが、ガツガツするのではなく、のんびりと構えていくことにしています。

われわれ、やっぱり仕事には向きませんなぁ・・・ と一人と一匹が話しております。

ところで・・・禅についてみていたら堀江さんのスピーチが貼られていました。拝見したところ、あるがままの思想を語られているように思いました。未来のことがわからないのは、誰しも同じ。明日のことだって誰もわかりません。思い悩むより、今を見つめることが大切。賛否両論あると思いますが、われわれはgoodだと思いましたよ。






テーマ : 日記
ジャンル : 音楽

いよいよ

今月よりわれわれ、ビジネスの勉強をはじめました。とは言いましても、素人に毛の生えたようなものですが・・・今までのわれわれは、「お仕事」ということが理解できておりませんでした。

お仕事は労働ではありません。労働というのはアルバイト的なもので一時しのぎとも言えます。そうではなく、お仕事は長期にわたって続けていくものであり、ライフワーク=ライスワークです。ライフワークとライスワークを分けて考えていては、絶対に成功しないのです。

仕事をどの猫に向けて発信するか?=お客はどの猫なのか?ということがわかってなければ、一歩も前に進めないということです。これは猫や人(個別)でも、動物園(組織)でも同様です。

表現活動もビジネスも世界観が大切。自分の世界がなければ、他猫と同じ。そんなものは誰にも認めてもらえない。

マーケティングというのは足し算ではなく掛け算である。だから商品を開発(創作物を作る)しても、それを発信する力がなければゼロになってしまうということ。

アーティストは哲学や思想を勉強して発信すべきであること。

などなどなど・・・・

われわれS猫先生についておりますが、大変勉強になっています。まだ大したことはできていませんが、S猫先生のおっしゃることを深く追求し、現実になるよう動こうとしております。

今月はオーフィアス組曲の第1章「春雷」をばぁさんが、アップすることにしたようでございます。金平が文章を読み直したところ、手直しした方が良い部分を発見しましたので、ばぁさんを指導し、より良きレベルにしてアップいたします。

LYREにも記しましたが、亡き義理父がいっとき血迷って、神経症がひどくなったことがありました。義理父60歳前後のことでしたね。しかし、禅の思想を組み合わせた宇佐式森田療法により、復活いたしました。その後仕事にも戻り、30年も生きながらえました。命をもらったのでしょう。

再起不能と言われて復活したのには、目に見えないものの計らいや、世に必要とされていたのでしょう。

その時お世話になった先生は、義理父と同い年。まだご存命でございます。60代で明け方まで起きて仕事をしておられたのに、病気一つしない。これこそ、無心の力なのでしょう。義理父の遺骨を引き取り、断捨離をしてからというもの、われわれ考えが大きく変化いたしました。

禅にも興味が出てまいりました。お世話になりました先生のご本を読みながら、得体の知れない落ち着きをもらっております。極めなければと思っておりまする。

やはり・・・考え方が変わるということは仕事にも大きく影響を与えます。何もかも変わってしまいます。ばぁさんも金平も先月中、体調不良でしたが、過渡期にあったのでしょうね。

11月に入ってから体調もよくなりつつありますよ。肩の力を抜いて、今やるべきことを片付けましょう。苦楽を味わうことが人生を変えていきます。



テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

認知症

義理母のカルテには、認知症と記されております。でも、あまり認知症っぽくはありません。発症したのは、おそらく今から5年ほど前なのではないか?とばぁさんは言います。

義理父生存中、まだ田舎にうちがあったころ、ばぁさんが帰ったときのこと。夕食の茶碗を片付けていたところ、突然義理母が「やかましい!!」とものすごい剣幕で怒り始めました。それだけではなく、義理父が包帯をかえてやっていたときにも「痛い!」といって普通ではない怒り方をしたんですね〜〜

義理父は淡々としておりましたが(いちおプロなんで)ばぁさんはそのときこれは尋常じゃないな。もしかしたら認知症じゃないかと思ったらしいのですよ。この時のことを、施設の担当医に話しておりましたところ、認知症の初期には怒りが抑えられなくなる症状も出る人がいるとのことでした。

それだけではなく、毎日われわれの自宅に電話をしてきまして、怒るんです。攻撃的そのものでしたわ〜 ばぁさんも仕事にいく時間に遅れたり、気持ち的に落ち込んだりと大変でしたね〜 そんなとき、亡き義理父は「仕事だと思いなさい。親だと思うから腹がたつんだよ」と言ってくれまして〜

毎日電話で怒られますとね、われわれも仕事だと思って受け流すしか仕方がありませんでしたよ。義理母は物忘れはあまりなかったんです。でも最近は、さっき言ったことを忘れるようになりました。91歳ですから仕方ないですけれどね。

今は認知症を抑えたり、攻撃的な言動を抑えるお薬が出ていますので、相談なさるといいですよ。>高齢者を抱えておられる方々。義理母も薬をもらっておりまして、ずいぶん大人しくなりましたよ。

くわえて、われわれはばぁさんに猫音楽療法を試しております。とはいっても、専門的なことはわかりませんので、ばぁさんの知っている曲や、好きそうな曲を聴かせているのです。ばぁさんは、ピアノが大好きで、しかもベートーベンやモーツアルトといった古典に耳がなじんでいるようでございます。

先日はNHKEテレで、ベートーベンの「春」というバイオリンソナタをやっておりました。お名前は忘れましたが、非常にお上手なピアニストで、義理母も感動しておりました。この曲は義理母でも知っていたようで、親しみを感じて聴いておりました。次週、またこの番組を聴きたいということで、ばぁさんがテレビをONにしましたが、ブルックナーだったんですね。

ブルックナーは義理母にとっては雑音だったようです。「この曲は音が上がったり下がったりして、がさがさしているのでいやだ」との一言。次にシャスラン氏の指揮で「カルメン」を聴かせたところ、この曲はよく知っている。日本の曲じゃないの?と笑わせてくれました。

これはフランスの作曲家、ビゼーという人の作品よ。でもこの演奏しゃきっとしていてうまいでしょ?とばぁさんが言ったところ、「うまいうまい」と喜ぶのです。


しかし・・・カルメンのメロディはあまり音楽通ではない義理母の耳にも残っているらしく、次のメロディが何か、覚えていたんですね。認知症の脳にもインプットされていたメロディってすごいものがあるなぁと感動しました。理屈抜きのインパクトです!

そのうちプレーヤーをプレゼントして、猫音楽療法に勤しもうとわれわれは考えております。





テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

義理母の介護

われわれも、介護なんてものに手を染めるとはつい3年ほど前までは想像だにしませんでした。しかし、世間のみなさまがご苦労なさっているように、われわれにも親の介護のお役目が回ってまいりました。

今介護されている義理母さえ、1年ほど前までは想像することができなかったと思います。本当に、90代にもなりますと、時間が早く進むのではないかと思うほど、できることが少なくなりました。

いつかは施設に入らなければならないということで、義理妹の住まいの近所(東京都下)に住んでいたのでございます。亡き義理父は、施設入居を拒否したしまして、施設を義理妹夫婦がみに行ってきた翌日、亡くなりました。義理母も拒否していましたが、ずっと座ってテレビをみていたおかげで、エコノミー症候群のようになり、身体がむくみ放題。しかし、8月末に転びまして、これがきっかけとなり寝たきりになりまして・・・この災いが福となったのでございます。

寝たきり=身体を休めたことになり、むくみが大量の尿となって出てしまい、義理母は以前のむくみのない状況に戻ったのです。しかし、尿が出っ放しになったことにより、自分自身で、施設に行かなければ、自宅介護は難しいと悟ったようでございます。
いっとき、ベッドに起き上がってはいたのですが、筋力が弱ったのでしょうね・・・自然と寝たきりのままになってしまいました。

さて・・・我々も介護施設の資料を大量に取り寄せて、どこが良いのか朝の3時くらいまで検討いたしました。ネットの評判なども確認しつつ、パンフレットもみながらでしたが・・・義理母のように高齢寝たきりで、リハビリをしてもあまり効果がなさそうなタイプは、介護付き有料老人ホームが一番ということになりました。

介護付き有料老人ホーム=介護保険で全てをまかなってくださる民間の老人ホームでございます。義理母の入所した施設は、費用的には光熱費も食費も家賃も全て含めて20万前後です。これに各自の介護保険が加わることとなります。ちなみにこの施設は入所金が必要ありません。20万+介護保険料で全てまかなってもらえます。(場所は八王子です)

追加料金は医者の検診や予防接種、薬代、訪問美容(髪の毛切ったりなど)くらいですね。医者の検診は必要だと思いますけど、高齢者だから1割負担ですよね?大したことありません。他に、好みでクラブ活動など・・・義理母は目が悪いのでやっておりませんわ。

お食事は3食+おやつです。義理母の感想によれば、まぁまぁ食べられるということです。ただし、味噌汁などのダシが気に食わないとのこと。おやつはケーキの切れっ端のようなもので、つまらないらしいですね。昨日は義理母の好みのお菓子屋さんで、差し入れにケーキを買ってまいりましたところ、いっぺんに二個食べ、それだけでは収まらず、みかんまでがっついておりました。

ところで・・・
介護付き有料老人ホームではなく、サービス付き高齢者住宅というものもありますね。最初はそちらも検討いたしましたが、結果的に費用が高くつくということを知らされまして、やめましたの。サービス付き高齢者住宅って、値段が低めに設定されているのですが、外部にサービスを頼むことになったりして、いろいろと追加されて費用が高くなるんだそうです。

最初はケアマネさんの提案により、老健も(リハビリして数ヶ月で退院)検討したのですが、最近は老人の数が多くて、いつ入所できるかわからないという話を伺いました。義理母の世話を最初は訪問介護の方にお願いしていたのですが、オムツ交換などは、1日に2回しかできないことになっているのです。その他はわれわれがやらなければなりません。

このオムツ交換が難儀を極め、素人にはとてもできなかったです。普通の家には電動ベッドもありませんしね。介護の方のお話によれば、素人の方は電動ベッドを入れなければ、到底オムツを変えることは無理だということでした。

介護のプロの方は本当によく訓練されています。素人とは全く違うんですよ。なんだかだ、話題になっておりますが、誰でもできる仕事ではないとわれわれは強く思いましたね〜

ばぁさんも義理母のオムツを変えにいっとき挑戦しておりましたが、それはそれは大変な思いをしたようでございます。猫目石家では未だかつておきたことのない災難が沸き起こったという感じでした。

しかし・・・現在は義理母が施設に入所したおかげで、何の心配もなくなり、われわれは週に一度くらい、差し入れをもって行くだけとなりました。われわれの住まいであるサザンクロスからは遠いのですが、一種の息抜きと考えれば良いとばぁさんは申しております。キロン診療所のママさん、紅東すずさんは大いちょうから義理母のためにお寿司を作ってもってきてくださいました。義理母は喜んでいましたよ。

キロンの猫さん、犬さんたちに助けられまして、われわれ新たな方向へと進んでおります。


テーマ : 日記
ジャンル : 音楽

プロフィール

猫目石金平

Author:猫目石金平
55年間、主として音楽のみで活動してきました。

しかし・・・・・・・同じような仕事の繰り返し、黙ってやっていれば安泰だけど、自分の本当の意味での作品が作れないとの危機感に陥っていたのが、2008年〜2009年。

2010年に、10年以上続けた仕事を断り、自作品を作ることにしました。

2013年より2016年頃まで、ちょっとした迷いがあり、音楽活動を休止。

2017年3/22の父の死により転機が訪れます。父が亡くなる前、私の演奏や曲を聴きたがっていたこと、その他さまざまなことが重なり、創作活動に的を絞ることを決意しました。

2017年末、副業仕事から完全撤退し、音楽活動を再開します。
2018年6月、音楽創作活動に本格復帰。同時に商業的な音楽活動も再開。

11月24日、天王洲スタインウェイ東京ショールームにて、オーフィアス組曲中の楽曲の一部、生演奏によるお披露目の機会を得ました。

オフィシャルサイトを作りました 
 ↓ ↓ ↓
Labo-Chiron

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR