FC2ブログ

以前の生活

われわれ、15年ほど前の生活に戻っています。これは一時的なものでしょうか?われわれにはわかりません。
亡き義理父にはわかるやもしれませんね。

15年も20年も30年も前、われわれは相当忙しかったのですよ。>音楽の仕事で 
ばぁさんは63歳にもなり、弱りながらも頼まれた仕事を片付けております。金平は食事作りなど、サポートに徹しております。われわれにとってはこの仕事をやるべきだと思っておりますよ。それだけではなく、作品作りに徹するべきなのでしょうな・・・

最近思ったこと。他人に惑わされて、向いていない仕事や独立を企てても、結局のところうまくいかず、元の姿に戻るものだということ。
「好きなことをやって食べていきましょう」
「会社をやめましょう。」
「常識なんて必要ありません!」
これらのこと、またはこれらに近いことを扇動しておられたスピ系の方々、ご自身がうまくいっておられません。ご自身が破産寸前までいったり、一文無しに近い状態になっておられる方もいますね。

主宰者がうまくいかず、ご自身の最初に手がけていた仕事に戻っておる。加えて信者も、会社をやめて多い方は900万円を捨ててしまったりなど、かなりの洗脳度合いだと思いましたが、いつかは卒業するときがやってくるんですね!
洗脳されていた弟子が、ついに自営業を諦め、かつての業種の勤め人に戻り、ほっとしておられます。


よかったです〜 
墓場に行くまで騙され続けていたなら、気の毒すぎます

洗脳って怖いなぁと思います。主宰者は洗脳なんて考えてもいないと思います。それは主宰者ご本人が洗脳されているから、気づいていないんです。洗脳道具=哲学、心理学の部類には安易に近寄らない方が良いですね。
ちなみにわれわれ心理学が苦手で、大学の単位も落とす寸前までいきました。だって〜〜〜全く面白くなくて、
座っていることもいやでしたからね。心理学でも面白いお話なら、聴けたかもしれませんが、思い出す度に頭痛がします。

体験派であり、頭を使うのが大の苦手のわれわれには、禅の思想の方が近しいです。猫目石家には難しい学問は向きませんわ〜 心のあり方なんてどうでもよいです。それよりも、おいしいごはん、楽しい遊び、何も考えずにやれることに邁進しましょうや。

ところで、中国とアメリカの貿易戦争、100年ほど続くやもしれないとのこと。資本主義が限界に達しているから起きている。お金儲けをする必要なくなる時代になるやもしれません。今すぐってわけではないけど。無料で何かをやってあげて、それにポイントがついて、お金がわりになったらいいなぁと猫目石家では話しています。

そういう時代になったら生きるのが楽になるかも。お金じゃないんだもの。そうなってほしいですね。そうなったら、スピ系の人たちはつまらないかも。これって金、金、金の業界だからね。





スポンサーサイト



テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

新曲など

猫目石一家は、今年も何かに出品しようと思います。新曲は最近になって良い案が浮かんでまいりました。オーフィアスの中で、芽吹きの会というコンサートがあります。これは、震災で打ちひしがれている動物たちを励ますコンサートなのです。宮之島兄弟やキロン診療所の子供たち、金平も手品猫として出ます。この中の曲を出品する予定です。

-----
投資のほうは、なかなか良い感じです。天神祭の少し前に下落しましたけれど、大したことはなく、切り抜けてくれましたね。>厳選投資の武田マネージャー  当たり前のことですけれど、資金が増えるとリターンも増えますね。うちのような少額資金であっても、銀行の利子よりはだいぶ良いリターンなのですよ。いかに銀行に預けておいては、何もならないかということが実験してみてわかりました。

昔は利子でも生活できたんです。それはばぁさんが実験ずみ。あのころは8%くらいの利子がついていました。今は0に近い。これじゃあ働いて銀行に預けても、お金が目減りするのと同じことです。

ところでアメリカ株。上がりきっているような感じです。初めて金利のことを勉強しました。100%ではありませんが、過去の分析より、近々アメリカ株は良くない方向に向かう兆しが現れております。勉強のために少額資金を入れて、損をするのはよいけど、真剣にやるときではないと思います。

投資を勉強してみて、創作と似ていると思いました。最近は芸術鑑賞をビジネスに活かすセミナーなどもでてきているようです。海外では盛んなようですが、日本ではまだまだ。それでも塾をやれば、ビジネスマンが高額でも訪れるようですよ。今までと同じことをやっていても、だめですね。

音楽にしても、感覚を現実的に組み立てていく修練が必要です。それをビジネスに活かすことができれば面白いですね。
前にも書きましたが、経営者のおじさんたちが作曲を勉強してみて、経営と同じだとおっしゃっていたそうですよ。猫目石家でもそういう塾ならやりたいですね。

---
亡き義理父はわれわれに「楽になりなさい」と告げてくれております。われわれ今まであんまり頑張りすぎたのやもしれません。でも、限界まで力の限りを尽くして、運を天に任せることは大切かも。何もしなければ、先に進みません。やってみて、できないという経験を積むことが必要なんです。できないことを理解できたら、できることも理解できますよ。人生、猫生、これの繰り返しではないかと思います。

何年先にすごく良いことがあるよ、と期待して待っていても時間がもったいない。今何をやるべきか考え、まず目の前にあることを片付けましょうや。地味でも一つ一つ片付けていけば、周囲が広がって、見通せる。何も片付けなければ、荷物で周囲がみえません。猫目石家ではこーいうことを悟りました。

今のわれわれは、義理母をいかに楽しませてやるかが重要なようですよ。義理父にも、「お母さんの食べられるうちに、美味しいものを食べさせてやってくれ」と言われております。

他に、お金お金ってあまり考えない方が良いかも。なるようになります。なくてもなるようになるんですよ。

テーマ : 日記
ジャンル : 音楽

ピアノの練習

猫目石家では、昨日からピアノの練習がはじまりました。ばぁさんと金平、二人でやってます。手始めに、自作曲。オーフィアス組曲のAddictus ソロ版です。これは録音予定ですのでね。

youtubeアップもいいけど、noteアップもいいかなと思い始めました。noteではポエムも入れられますし。
もちろんHpにもアップします。

それから、基本中の基本。音階とアルペジオも、白鍵を使う調性を中心にやってます。
今月からは、オーフィアスの火祭りという「オーフィアスバリエーション」中の曲を書き始めます。火祭りですから、
踊りも入れたい。

オーフィアスと同時進行して、オペラの勉強も始めます。

それから・・・今まではばぁさん、年のせいで遠慮してきたのですけれど、今までと同様、組織から依頼を受けて曲を作る作業もしたいなと思い始めたそうでございますよ。売込まなければなりませんわね。金平も手伝います。

金平はプロフェットクレアーレでしたから、預言ができるんでございます。いちお、みたところ、依頼を受けての創作と自主制作、2つでやっていくのが良いそうですわ。でもこういうのって、不安定で不定期ですから、副業に投資が役立つんですね。

ほんと、今まで遠慮しすぎてきました。もっと前に出ましょう!!

やっぱり、亡き義理父のささやきのとおりになってきました。義理父は労働をやめて、創作と投資でやっていけと前々からささやいておりました・・・ちょいとばぁさんが下心を出して、労働をはじめれば、よくない方向に進みます。猫目石一家は、今までの経緯より、騙されても良いから、義理父のささやきに従わなければならないんですね。

これがわれわれの進むべき道なんでしょうな・・・ピアノの練習を始めてからというもの、ばぁさんは体調がよくなりました。金平は頭がクリアになりましたよ。やっぱ進むべき道を進まなければ体調まで崩すんですね。

これからは朝晩練習時間をとります。残り時間は、創作にあてます。金平はおいしいものを作ってはお毒味をするだけですね。楽な係でございます。これもばぁさんの創作を成功させるための、苦労なんですよ。>お毒味

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

今の所は安泰です

猫目石家では投資信託をいろいろととりまぜ、6つやっております。やっているといってもまだ、資金を本格投入するところまではいっていません。時期的に今は、下り調子のときであるからです。

成績としましては、すべての金額がアップしております。

最初は100円からはじめました。で、様子をみてよければ、2倍にして、次は3倍にしてという感じでやってます。金額でみるより、%ですね。株が下がると、債権が上がるという法則のようなものがあるようです。気のせいかと思っていましたら、プロの方もそうおっしゃっておりました。他に、金の投資信託をやるといいようです。金の積立はやめました。
そのうちはじめてみようと思っています。

銀行の利息をみてみますと、猫目石家の投資信託のトータルリターンはだいぶ高いです。老後のためだけではなく、何かまとまったお金が必要になったときなど、投資信託を解約すればいいですよね。

われわれは、お金が増えていくのも楽しいですが、投資というものが面白くて好きです。今月から、金利や為替の知識をふやすために、FXの勉強会に参加することにいたしました。FXをやるつもりはないけれど、基本から為替のことを知ったら、さぞ楽しかろうということですね。

まだまだなんですが、そのうち株主優待や配当もいただけるようにしたいです。楽しそうですよね。ただし、7月末の天神祭あたりは、株が大幅に下がるというジンクスがございますね。この時に現物株を買ってやろうと思います。

ところで・・・
亡き義理父のこと。先日までの人様のことはひとまずピリオドを打ち、われわれのこと。気持ちが悪いほど当たってきてます。
「働いてはいけない」という亡き義理父の進言。投資以外にもわかってきたことがあります。

ちなみに投資は、亡き義理父の言葉どおりでした。他の仕事なら全く続かないばぁさんも、これだけは楽しんでやっておりますし、短期とは言え、これならいいんじゃない?と思える結果がでてきておりまする。

投資以外の件。労働をやることが、猫目石家にとってはストレスにつながるようですよ。臨時の出費もあるだろうと、ちまちま労働をやれば、われわれ一人と一匹、どちらかが必ずダウンするのですよ。

ばぁさん、結膜炎が何度もぶりかえします。ドクターのお話では、これは薬だけでは治りません。何かものすごいストレスがかかっていませんか?ストレスが高じれば目にきます。ということでした。で、本日は金平から「ばぁさんもう心に決めましょうよ。曲を書いて売りましょう。これしかありませんよ。」と進言いたしました。ばぁさんもようやく、納得し、臨時の出費は気にしないことにすると申しましたよ。

ばぁさん、バカじゃないかと思うほど、簡単に目が楽になったようです。これはもしや、ドクターの言っていたストレスだったのでは?と思った次第です。加えて、亡き義理父の進言がどんぴしゃだったわけですね!

あまりにもどんぴしゃで、亡きじぃさんには逆らえんぞと思っておる金平でございます。預言猫の面目丸つぶれですわ〜 じぃさんには負けましたっ!


テーマ : 日記
ジャンル : 音楽

その後

前回の記事← からまた驚くべきことがあり、亡き義理父の力には感服している猫目石一家でございます。

前回の記事には会社を畳むと書きましたが 共同経営者の奥様がお一人で会社を存続させていくとの結論に達したということでした。

それは良いのですが、ご主人(社長)が立場を追われ(クビ)になり、住む場所もなくなったと書いておられました。これは、家賃は会社の金で落としていたという意味ではないかと、猫目石一家では話しておるところでございます。そうでなければ、ご自身の今の住まいを突然出て行く必要はありませんぞ。

どうみても零細としか思えない会社なのに、5箇所家賃を払うところがあったなんて。すごいです。社長(クビ)のお母さまに、月々20万円もし送りをなさっていたとか。こちらも会社のお金でしょうな。

猫目石一家は一度も会社組織にしたことはありませんので、よくわかりませんけれど、これは会社の金を私用に使っていたとの意味では?資本金は奥様のご両親もちだとか?親がかりだったんですね・・・

やっぱり やっぱり やっぱり やっぱり


嘘で固めた砂上の楼閣で精一杯無理して贅沢をアピールしていたのか・・とわれわれは驚くと同時に、スピリチュアルってほとんどが火の車なのに、無理している感じかもと思っておりまする。アメーバブログなどに、雲の上の出来事のような書き込みを書いておられる方々、ほとんど続いておりません。料金だけは馬鹿高いです。

一体どなたがお金を落としにいかれるのやら・・・

ばぁさんが最初に興味をもったのは、奥様と大学が一緒だったことでした。昨年だったか、奥様がテレビ出演されて、あちこちで噂が広がっていたため、サイトを覗き込んでいたところ、亡き義理父からの警告があったわけですね。

「こいつはでたらめじゃ 大嘘つきや!!」

その後、彼らに近い筋から、あの旦那は昔から嘘つきだったとか、金が儲かればなんでもいいのだとか、資本金などは奥様の家から出ている。ご主人は一銭も出していない」などと、一言でいえば親がかりであったことがばれたのです。

ご主人出版もされておりますが、ああいう実用書というものは、ほとんどゴーストライターさんが書いておるんですね。制作協力=ゴーストライターでございます。今は本が売れませんから、セミナーなどを手がけてお客を抱えていたりすれば、白羽の矢がたつのかもしれません。なんでも、編集者にノルマがあって、作家さんを探してくるようでございます。

裏事情がたくさんあるんですわね。

メルカリをみたら、こちらのご主人の本が鈴なりになって売りに出されておりましたよ。今後どうなさるんでしょうか?
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
メルカリに並んでいる本

それよりも何よりも、義理父のすごい力にわれわれ、驚くと同時に怖ささえ感じました。義理父の予告を守って生きていかなければと思っております。

テーマ : 日記
ジャンル : 音楽

プロフィール

猫目石金平

Author:猫目石金平
55年間、主として音楽のみで活動してきました。

しかし・・・・・・・同じような仕事の繰り返し、黙ってやっていれば安泰だけど、自分の本当の意味での作品が作れないとの危機感に陥っていたのが、2008年〜2009年。

2010年に、10年以上続けた仕事を断り、自作品を作ることにしました。

2013年より2016年頃まで、ちょっとした迷いがあり、音楽活動を休止。

2017年3/22の父の死により転機が訪れます。父が亡くなる前、私の演奏や曲を聴きたがっていたこと、その他さまざまなことが重なり、創作活動に的を絞ることを決意しました。

2017年末、副業仕事から完全撤退し、音楽活動を再開します。
2018年6月、音楽創作活動に本格復帰。同時に商業的な音楽活動も再開。

11月24日、天王洲スタインウェイにて、国際ピアノデュオコンクール本選会。演奏審査があり、カワイ賞をいただく。

2019年5月、投資と音楽創作活動を推進中。作品をまとまった形で、世に出すべく、作品制作に邁進。



オフィシャルサイトを作りました 
 ↓ ↓ ↓
Labo-Chiron

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR