FC2ブログ

以前の生活

われわれ、15年ほど前の生活に戻っています。これは一時的なものでしょうか?われわれにはわかりません。
亡き義理父にはわかるやもしれませんね。

15年も20年も30年も前、われわれは相当忙しかったのですよ。>音楽の仕事で 
ばぁさんは63歳にもなり、弱りながらも頼まれた仕事を片付けております。金平は食事作りなど、サポートに徹しております。われわれにとってはこの仕事をやるべきだと思っておりますよ。それだけではなく、作品作りに徹するべきなのでしょうな・・・

最近思ったこと。他人に惑わされて、向いていない仕事や独立を企てても、結局のところうまくいかず、元の姿に戻るものだということ。
「好きなことをやって食べていきましょう」
「会社をやめましょう。」
「常識なんて必要ありません!」
これらのこと、またはこれらに近いことを扇動しておられたスピ系の方々、ご自身がうまくいっておられません。ご自身が破産寸前までいったり、一文無しに近い状態になっておられる方もいますね。

主宰者がうまくいかず、ご自身の最初に手がけていた仕事に戻っておる。加えて信者も、会社をやめて多い方は900万円を捨ててしまったりなど、かなりの洗脳度合いだと思いましたが、いつかは卒業するときがやってくるんですね!
洗脳されていた弟子が、ついに自営業を諦め、かつての業種の勤め人に戻り、ほっとしておられます。


よかったです〜 
墓場に行くまで騙され続けていたなら、気の毒すぎます

洗脳って怖いなぁと思います。主宰者は洗脳なんて考えてもいないと思います。それは主宰者ご本人が洗脳されているから、気づいていないんです。洗脳道具=哲学、心理学の部類には安易に近寄らない方が良いですね。
ちなみにわれわれ心理学が苦手で、大学の単位も落とす寸前までいきました。だって〜〜〜全く面白くなくて、
座っていることもいやでしたからね。心理学でも面白いお話なら、聴けたかもしれませんが、思い出す度に頭痛がします。

体験派であり、頭を使うのが大の苦手のわれわれには、禅の思想の方が近しいです。猫目石家には難しい学問は向きませんわ〜 心のあり方なんてどうでもよいです。それよりも、おいしいごはん、楽しい遊び、何も考えずにやれることに邁進しましょうや。

ところで、中国とアメリカの貿易戦争、100年ほど続くやもしれないとのこと。資本主義が限界に達しているから起きている。お金儲けをする必要なくなる時代になるやもしれません。今すぐってわけではないけど。無料で何かをやってあげて、それにポイントがついて、お金がわりになったらいいなぁと猫目石家では話しています。

そういう時代になったら生きるのが楽になるかも。お金じゃないんだもの。そうなってほしいですね。そうなったら、スピ系の人たちはつまらないかも。これって金、金、金の業界だからね。





スポンサーサイト



テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

ちょっと考えさせられました

ネットをみておりまして、ある先生のblogに行き着きました。そこでちょっとびっくりすることを目にいたしました。
音楽教室というか、個人レッスンをされている音楽の先生。料金も拝見いたしましたが、1時間=¥5000〜ということで、全くもって普通の値段でした。

ご自宅で教えておられるらしく、お写真を拝見した限りでは、立派な建物だと思いました。生徒さんも多そうな感じです。
それなのにこちらのアプリクリックが高くて手が出ないと書いておられました。高いから、ご主人に買ってもらうとのこと。

お値段はアプリとしては高いかもしれませんけれど、10000円もしない物品は、猫目石家では、バカ安と称しております。この先生さまのご友人も「高くて買えない」とのこと。なんだか、類は友を呼ぶんですね〜

本気で書いてないなら良いのですけどね、あまりにお金の感覚が違いすぎて、びっくりしました。加えて、猫も歩けば棒に当たるという諺も思い出しました。油断していい加減なことをでっちあげたら、失敗するよってことだと思いますが・・・違いますか? 

それよりもそれよりも・・・
教えるのってお金に結びつかないご時世なんだなぁと思いました。昔なら音楽教室も良かったのかもしれませんが、たかが数千円の本(アプリの他に7000円の本でも高額だと!)やアプリを人に買ってもらわなければならないって、憐れすぎます。

こういう先生方は、主婦でもあるので、生活の心配がない。教えることを生活の中心にするのではなく、小遣い銭としておられるのかもしれませんね。こういう方が大半であれば、猫目石家は教えることは考えない方が良いと思いました。立場上われわれとは違うこと、思い知りましたよ。

また、このような先生方と、われわれとはお話しも何も合わないのではないかとも思いました。ははぁ〜〜〜と思うこと多々あり。以前3000円で音取りを頼まれたことがあったのですが、この方々と同じ感覚なんだなぁとようやく気付いた次第です。頼んだ方は悪気はなくて、3000円でも大した金額だったんですね!

ほんと、猫目石家は現実的なんで!お金の感覚が違うんですね。

おとといあたりの話ですが、良い情報をつかめて良かったです。多少教えることも加えようかと思ったのですが、全面的に頭の中から撤退させることに決めました。加えて、過去に、時間のことや、約束を守らない人間が現れたりして、振り回され、どっと疲れが出たこともありましたもんね〜

もう63歳にもなったばぁさん、苦労は終わりにしたほうが良いよと、いうことなのかもしれませんや。過去に手がけたことと同じことをしてはいけない!という天の声がどこからか響いてきました。

そういや、われわれが足を洗った西洋占星術の世界では、水星逆行らしいですね。こじつければ、「過去を見直すことによって、良い知恵を授けてもらえる」という暗示ですよ。>水星のやつにさぁ。

まぁ、なんでもこじつければそう思えるだけです。こんなことより、目の前の石ころを蹴ってやりましょう。必ず未来が開けますよ!みなさん頑張って!



テーマ : 日記
ジャンル : 音楽

どうやってビジネスにするか・・・

様々なビジネスがあります。投資は不労所得と言われることが多いですが、頭を使っての仕事ということで、労働無くして金を稼ぐ意味ではないと、猫目石は思っております。

天空の縁側をはてなでやりはじめてから、投資で生活している若者、お勤めをしながら副業として投資をしている方のblogを購読させてもらっております。成功している方、それほどでもない方の記事をながめておりますと、本当に勉強になります。われわれが好むのは、「集団生活には不向きなので一刻も早く会社をやめたい。投資と他の何かで自営をしたい」と書いている方です。なかでも極端な方は、食べるものも食べず、寝る時間も惜しんで、投資資金を作ったという・・・

どこかで、学校の教師が「児童がお父さんと一緒に株をやっており、学校を休んでいる。ここのうちはまともに働かず、株が生活資金になっている。」と書いていました。嘆くほうがおかしいのではないかと思います。時代遅れです!
義理父は、小学生のときから株の売買を手がけておりました。個人投資家であった義理父は、ばぁさんの教育資金を株で捻出いたしました。もし、本業だけであれば、音楽などという金のかかる世界へは足を踏み入れることさえできなかったでしょうな・・・

学校の教師のような公務員の世界と、自営業とでは考え方も生活の仕方も雲泥の差があるんですから、ごちゃごちゃケチをつける必要はないんですよ。学校は井戸の中の世界です。時代的にも立ち遅れています。今を意識できてはいません!そういう方たちが、教えることが全て正しいとは言えないわけですよ!

どういう方法でも、経済が豊かであればいいんです。教科書通りに生きても、よくはなりません。

ところで・・・
ばぁさんは義理父の言いつけに従って、国立大学一校のみ、受験しておりました。亡き義理父は「音楽なぞ実業に結びつかないものに、高い金を出しても仕方がない。どんな学校に行こうと、どんんな良き師匠につこうと、本人の実力がなければやってはいけない。だから、最も安いところでやっていくのが一番」と申しておりました。その当時の国立大学は授業料が年間¥30000だったのです。私学は入学金が100万円とか?(桐朋)学校を受けるにもお金もかかります。受験料¥50000、受かったら100万円入金しなければなりません。その学校にいくならいいけど、他大学を受かった場合、入学金を返金してもらえない時代でした。

今は入学金は戻ってくるようになったんでしたね?


ばぁさんは受けなくてよかったといっておりました。先生が、学校を出てからどうやって食っていくか、教えられないでしょう。自分も食えてなかったり、財産家の先生などは優雅にやっていればいいけど。無責任だから生徒さんのことまで考えない。業者(先生)の金づる=生徒なんです。高額業者の金儲けに惑わされて、あとで悔しい思いをするなら、安い業者のところのほうが良心的だ!ということです。

今は、ピアノ教室をやるにも、欲しい月収を生徒の頭数で割って出す時代です。昔は教えることは聖職のようにいわれ、お金儲けしてはいけないと言われておりました。お金儲けしてはいけない仕事なんてありますか?
このようなものの考え方は、学校そのものなんです。教わるほうはお金を払って、知識や技術を身につける。こういう考え方で良いと思うんですよ。

われわれは教室をやることはないと思います。やるとすれば、経営に回ります。特に金平は威嚇のくせがありまして、向いておりません。

創作をビジネスにするには猫目石家独自の方法を立ち上げる必要がありますね。それについて、長いこと考え込んでいたのですが、ようやく少しづつまとまってまいりました。おそらく年末くらいには、何らかの結論を発表するでしょう。

ビジネスを立ち上げるにしても投資をするにしても、最低限の勉強は必要です。しかし、人に頼ってばかりいてもだめです。セミナーは、提供する方の方法ですから・・・その人は成功してもわれわれには合わないかもしれない。投資セミナーも同じじゃないでしょうか?一応頭においておいてもよいけど、批判力を持って聞くことは大切だと思います。






テーマ : 日記
ジャンル : 音楽

7月も終わりです

相変わらずばたばたしております、猫目石家でございます。本日は義理母のところから戻ってまいりまして、たらたらしている一人と一匹でございます。

現状は仕事も一段落つき、今後の予定をたてておる途中でございます。ばぁさんはオーフィアスの続きの手直しを、いよいよ音にしていく算段と、HPについて検証しておる最中だそうです。わたくし、金平は将来の飯の種になるジャンルに思案をめぐらせております。義理父が残していきました投資なるものを、捨ててはもったいないと思っておるのです。

われわれいわゆる高齢の仲間入りをしておりますので、将来の生活設計をたてつつ、創作を続けていかなければ、危ういと思っているのでございます。

投資についてはモノの本を読むより、実地訓練が必要と考えましたので、少額で実験することをもくろんでおりまする。

HPについての検証ですが・・・
1)音楽のレッスンを中止すること
2)for general 自作(依頼者の)のメロディの編曲--ピアノを中心として他の楽器も加えた編成までの対応
3)for general&professional 譜面のない楽曲(例としてyoutubeにアップされているが、マイナーであるがゆえ、
譜面が出ていないなど)のコード譜の作成やこれらの楽曲のピアノアレンジ


2)3)を仕事に加えることを考え中。

ただし、昨年までとは考え込むことの内容が、変わったようです。われわれ、進むべき道が決まったために、だいぶ気持ちが楽になっているように思います。

ピアノという楽器に重心を据えて、歩んでいくことがおぼろげながら見えてまいりました。且つ音楽以外の分野と協調することもふまえて。このように、多少広い気持ちになれたのは、いっとき音楽から離れて、外側から眺めたことが、功を奏したやもしれません。

振り返ってみれば、昨年の今頃は亡き義理父の後始末に大わらわの日々でしたね〜 腰を落ち着ける暇もありませんでしたわ。加えて、忙しいだけのアルバイトまでやっておりました。昨年5月には一旦切り上げようとしたのですが、先方の引き留めにあって、ずるずると続いていたのでございましたね?>ばぁさん

あのときが最後のあがきだったのでしょうな・・・望んでもいない仕事(占星術やカード)から、足を洗えて良かったです。
われわれこの年になって、面白くもないことに、苦労する必要ないです!
亡き義理父も、反対。存命中の義理母も猛反対。

実は、2016年あたりに、義理母の夢に、ばぁさんのピアノの先生が出てきましてね、「今の仕事はダメです!(その頃は占星術やカードを多少手がけておりました)初心に戻りなさい。何か困ったことがあれば、私に相談しなさい」と男の赤ちゃんを抱いておっしゃったそうです。

義理母は「このお子さんは、先生のお子さんですか?」と夢の中で尋ねたようですよ。そうしたら先生は黙って頷かれたようです。先生はだいぶ前に亡くなっておられるんですよ。


このお子さんが何を表すかはわかりませんが、何度も同じ子が夢に出てきたということでしたわ。不思議なことですわね。

で・・・・・この夢の暗示どおり、われわれは音楽の世界に戻りましたよ。完璧に。非常に喜ばしい。もし、まだ占星術など、気の乗らない仕事を続けていたら、人生破綻していたでしょう。そして、大変に悔やんだと思います。

加えて、亡き義理父。昨年のお盆のときに声だけで、現れまして。ばぁさんに未来のことを囁いたそうですよ。現在、そのとおりになりつつありますので、努力を怠ってはいけない!と猫目石は進言しておるのです。

もうじき8月。あの不思議な出来事が蘇えり、今年も・・・と身構えております。

それはおいといて・・・
上記の新規の仕事は、もう少し煮詰めてから、HPにアップします。オーフィアスのほうは、中断していた手直し部分のみならず、新たにピアノ曲(デュオになるかも)を作ろうよ、と意気込んでおりましたところ、どこからか敵が出現いたしました。

ばぁさんの横にゴキブリ出現!わたくし、ゴキブリを猫パンチ+殺虫剤なるものでしとめ、ご丁寧にエタノールで床を掃除いたしました。ネコ属は夜行性ですので、夜中の運動は娯楽のひとつでございます。

最近運動不足でしたので、久しぶりに腕が鳴りましたわ。猫目石家の近況をお知らせいたしました。











テーマ : 日記
ジャンル : 音楽

編曲のお仕事受け付けておりますよ

先月からばたばたしておりましたが、とりあえず一段落いたしました。

猫目石家には、プロ演奏家だけではなく、一般の方々の楽曲のアレンジ依頼もございます。われわれ、難易度に応じたアレンジをいたします。

また、メロディが発展していかなくて単調だとか、途中までできてはいるがまとまらないなど、メロディ作りのお手伝いも承っております。

料金の目安といたしまして、小さな編成で(デュオ、トリオ、カルテットなど)3分〜6分以内であれば50000円より、ピアノソロならば30000円くらいより承っております。加えて、mididataやオーディオデータが必要な方は、追加料金を頂戴して制作しております。

CD録音用のアレンジにおいては、プラスα(お高くなる)となります。

何かございましたら、HPの連絡先よりご相談くださいませ。
---------------------
上記のような常識的な仕事ではなく、少し前には首をかしげるような依頼もありましたね〜


youtubeの楽曲で気に入ったものはあるが、和音が聞き取れない。メロディは四苦八苦してやっとの思いで聞き取れてはいるが、譜面にするのに時間がかかって仕方がない・・・なんとかしてもらえないだろうか?猫目石さん!お金がないので、3000円でお願いします。

などというお話や

ある楽曲をやるのだけれど、フルートソロじゃなくて、クラリネットを加えた編成の譜面がないっ。フルートは適当に吹きたいので、適当に音を書いてください。伴奏はジャズ専門猫さんたちなので、コード譜だけで演奏できるからいいけど・・・コードはつけてくださいな・・・

猫目石さん!3000円でいいですか?

適当に音を書けば良いといっているから、簡単な仕事なんだろうとばぁさんは安請け合いしてしまいまして・・・、失敗したんですわね。

送られてきた資料をみれば・・・譜面にメロディがついておりません。なんといいましょうか、クラリネットのパート譜のみなんですね。こーいう頼み方をプロの演奏家がやるものだろうか??とばぁさんは怒りましたね〜 普通はピアノ譜くらいはつけてくるもんです!

資料にはクラリネットの猫さんは吹奏楽をやっていると書いてありました。室内楽はやったことはないということでしたね〜 

それを早く言わんかい ばぁさんはまたまた怒りました!

適当に音を書けば良いということでしたが、それは全く無理というもの。適当に音を書けば、なんの曲がわからないでしょう!歌謡曲なのにメロディがないんですから!結局、ばぁさんはyoutubeを聴いて音を拾い、ゼロからアレンジすることになってしまいました。

3000円なんかでできる仕事ではなかったです!おまけに譜面作成ソフトを使って、見やすくしているものですから、肩こり+時間のロスは半端なかったですわね〜 

猫目石も、気の毒に思いまして、このプロ演奏家さんとは距離をおくように進言いたしました。猫の分際で生意気だと思われるかもしれませんが、今後もこの調子で、どの依頼も3000円ならば他の仕事ができなくなってしまいます。
結論といたしまして、今後は一切仕事はしないことを相手方に伝えました!



プロ演奏家とは長きにわたっておつきあいさせていただきましたが、今はもう猫目石家とは一切接触がございません。相手方がおつきあいしたくとも、こちらがNoと決めこんでいるのですからね、終わりですよ。また以前から、何かしら違和感を感じていたので、これで良かったと思っていると、ばぁさんは話しておりました。

2018年正月あたりには、まだこーいう非常識極まる依頼が、我々の元にありました。しかし、ばぁさんの魚座誕生日を過ぎてからというもの、潮がひくように非常識人は去っていってしまいました。やはり、時の運というものはあるし、いやなものはいやとはっきり主張する必要があると思いましたね〜

猫生、人生、必要な時には必要な良きお相手と出会いますよ!みなさんも頑張りましょう!



テーマ : 作詞・作曲
ジャンル : 音楽

プロフィール

猫目石金平

Author:猫目石金平
55年間、主として音楽のみで活動してきました。

しかし・・・・・・・同じような仕事の繰り返し、黙ってやっていれば安泰だけど、自分の本当の意味での作品が作れないとの危機感に陥っていたのが、2008年〜2009年。

2010年に、10年以上続けた仕事を断り、自作品を作ることにしました。

2013年より2016年頃まで、ちょっとした迷いがあり、音楽活動を休止。

2017年3/22の父の死により転機が訪れます。父が亡くなる前、私の演奏や曲を聴きたがっていたこと、その他さまざまなことが重なり、創作活動に的を絞ることを決意しました。

2017年末、副業仕事から完全撤退し、音楽活動を再開します。
2018年6月、音楽創作活動に本格復帰。同時に商業的な音楽活動も再開。

11月24日、天王洲スタインウェイにて、国際ピアノデュオコンクール本選会。演奏審査があり、カワイ賞をいただく。

2019年5月、投資と音楽創作活動を推進中。作品をまとまった形で、世に出すべく、作品制作に邁進。



オフィシャルサイトを作りました 
 ↓ ↓ ↓
Labo-Chiron

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR