FC2ブログ

ちょっと考えさせられました

ネットをみておりまして、ある先生のblogに行き着きました。そこでちょっとびっくりすることを目にいたしました。
音楽教室というか、個人レッスンをされている音楽の先生。料金も拝見いたしましたが、1時間=¥5000〜ということで、全くもって普通の値段でした。

ご自宅で教えておられるらしく、お写真を拝見した限りでは、立派な建物だと思いました。生徒さんも多そうな感じです。
それなのにこちらのアプリクリックが高くて手が出ないと書いておられました。高いから、ご主人に買ってもらうとのこと。

お値段はアプリとしては高いかもしれませんけれど、10000円もしない物品は、猫目石家では、バカ安と称しております。この先生さまのご友人も「高くて買えない」とのこと。なんだか、類は友を呼ぶんですね〜

本気で書いてないなら良いのですけどね、あまりにお金の感覚が違いすぎて、びっくりしました。加えて、猫も歩けば棒に当たるという諺も思い出しました。油断していい加減なことをでっちあげたら、失敗するよってことだと思いますが・・・違いますか? 

それよりもそれよりも・・・
教えるのってお金に結びつかないご時世なんだなぁと思いました。昔なら音楽教室も良かったのかもしれませんが、たかが数千円の本(アプリの他に7000円の本でも高額だと!)やアプリを人に買ってもらわなければならないって、憐れすぎます。

こういう先生方は、主婦でもあるので、生活の心配がない。教えることを生活の中心にするのではなく、小遣い銭としておられるのかもしれませんね。こういう方が大半であれば、猫目石家は教えることは考えない方が良いと思いました。立場上われわれとは違うこと、思い知りましたよ。

また、このような先生方と、われわれとはお話しも何も合わないのではないかとも思いました。ははぁ〜〜〜と思うこと多々あり。以前3000円で音取りを頼まれたことがあったのですが、この方々と同じ感覚なんだなぁとようやく気付いた次第です。頼んだ方は悪気はなくて、3000円でも大した金額だったんですね!

ほんと、猫目石家は現実的なんで!お金の感覚が違うんですね。

おとといあたりの話ですが、良い情報をつかめて良かったです。多少教えることも加えようかと思ったのですが、全面的に頭の中から撤退させることに決めました。加えて、過去に、時間のことや、約束を守らない人間が現れたりして、振り回され、どっと疲れが出たこともありましたもんね〜

もう63歳にもなったばぁさん、苦労は終わりにしたほうが良いよと、いうことなのかもしれませんや。過去に手がけたことと同じことをしてはいけない!という天の声がどこからか響いてきました。

そういや、われわれが足を洗った西洋占星術の世界では、水星逆行らしいですね。こじつければ、「過去を見直すことによって、良い知恵を授けてもらえる」という暗示ですよ。>水星のやつにさぁ。

まぁ、なんでもこじつければそう思えるだけです。こんなことより、目の前の石ころを蹴ってやりましょう。必ず未来が開けますよ!みなさん頑張って!



スポンサーサイト



テーマ : 日記
ジャンル : 音楽

気温の変動が大きすぎたのか?

われわれ自律神経の具合がおかしいです。そのため、今日は夜ご飯を抜き、番茶を飲んで寝ることにしてます。それでも、曲は進めました。「『ネットはほんの少し軌道にのりかけてきたので、今度は曲です。来年の2月までは、何も考えず、ひたすら書き、作り、録音するよ。』と書きなさい」とばぁさんは台所から叫んでおります。

『目の前のことをやる=どんどん進むのです 誰でも目の前に大きな石があったら、どけてから歩きます。それと同じです。』と書きなさい」とばぁさんがまたもや叫んでおります。

われわれ、天空の縁側では、楽曲分析を中心に書いております。分析のリアルタイムレッスンを再開するか、やめてしまうか考えております。やるならば、全てオンラインで解決したいのです。でも今のところは、教える仕事に足をつっこみたくはないです。レッスンというやつは、ストレスの引き金になります。教えることと作ることは全く別ものなので、切り替えが大変。若い方々に頑張ってもらったほうがいいかもと、金平はばぁさんに助言しておりますよ。

ばぁさんも60代になって、人さま(猫さんは簡単)相手の仕事は大変だと思います。ずっと接客業などをやってきたのなら、良いでしょうけれど。ばぁさんはある時からずっと作る仕事をやってきたので、もうできないと思います。あちこちでみていると、子供さんを教えるのは、大変なようです。子供さんをもっていないと無理なのではないでしょうか?

猫の世界でも「子猫はかわいいかわいい」と勝手に思われておるようですが、ものすっごくめんどうなんですよ。いうことききません。動物は何と言っても遺伝子の作用で、性格決まります。できれば悪い遺伝子をもった猫さんとはつるみたくないですな〜

前置きが長くなりましたが...今回は全く別のお話なんですよ。
また不思議なことが先週ありました。母の見舞いに、新宿駅を歩いていた時のこと。いつも大江戸線から京王線に乗り換えるんです。この乗り換え口は地下通路でして、一切雨風には当たらない場所です。

先週の金曜日、八王子行きの電車が止まっておりました。時刻表はみてないし、本数が多いから乗れなくても、いいかと思って、われわれふらふらしておりました。そうしたら、後ろから暖かいそよ風のような、なんとも優しげな風が吹いてきて、われわれを押してくれたのです。当然早歩きになります。

金平はばぁさんに手を引かれておりましたので、多少小走りになりました。その後、電車に乗りました。この電車まだまだ駅を動かないものと思っておりましたら、われわれが乗った途端扉が閉まり、動き始めました。
なんだかわからない優しげな風(天使の風みたい)は、「急がないと電車が発車するよ」と教えてくれたのでしょうか?

ネットで調べましたら、このような現象は、神社で起きることがあるようです。霊風と書き、たまかぜと読むんだそうです。ファイナルファンタジーにも、たまかぜが出てくるようです。ゲームアニメは、スピリチュアル用語や占い、神話の単語がいっぱいです。製作者はそういうこと、興味あるのかなぁ?と思いますよ。

神社以外だと、守護霊さんが守っているよ、と教えてくれているのだそうですよ。霊風の感触ですが、ばぁさんの話によれば、小学生の時に後ろから引かれたときの感覚とよく似ているとか?

そんなこんなで、6年前の審神者の文章も、また読み返しています。われわれが今後やっていくにあたって、小さな出会いを探し求めるのではなく、自然に出会えた人を大切にすることだな、と感じました。偶然の出会いから、別の世界に進めていくのだなとも思いました。
バックアップしてくださる方は、伝統を継承する仕事をしているのだそうですよ。
また、われわれの生き様を変えられるのは、神のみと書いてありました。ということは、じたばたしても始まらないということですね。

これを読んでみて、われわれ腹が座りました。レッスンのことなど書きましたが、やらないほうがいいのかもしれませんね。なんでも、審神者のお話によれば、我々の生き様は、普通とは大きく違っているようです。普通と違っているのに、普通に合わせてもうまくいかないですわね。

もっと腹を据えましょう。では、おやすみなさいませ。



テーマ : 日記
ジャンル : 音楽

3月になってしまいました

ばぁさんも先月で一つ年をくい、少しづつ前期高齢者へと近づいております。だからと言って何か変わるわけではありませんが、65歳から国民年金がいただけるようでして、猫族としては羨ましい限りです。

金平みておりますと、最近ばぁさんは気持ちに余裕がでてきたようでございます。義理父のささやきどおり、2月で内職をおやすみすることになりまして、楽になったからですね。もう当分は手がけないでしょうな・・・こう言ってはなんですが、義理父のささやきはピッタリ的中。怖いほどです。

金平、最近は記事を書くのがおもしろくなってきました。音楽記事はばぁさんの指示通り、楽譜の切り抜きなども手伝っております。それが結構面白くて、やりがいがでてきました。一旦アップしても、リテイクを命じられることもありましてそういう時は、結構考え込んでやっておりますよ。今回のショパンピアノソナタ 3楽章のトリオも、本日になってだいぶ手をいれましたよ。あんな難しそうな内容ですのにね、アップすると深夜には検索をかけてみにきてくださる方もおられて、感激しております。

カツァリス さんの演奏会のことを書いてから、アクセス数が増えましたね。拡散してくださった方がいて、それからですね。

曲のことですが、先月まではちまちまと進めておりましたが、今月に入り俄然スピードアップ。まぁ、手直しですから、過去に書いたことを見直しているのですけれど、前のやり方では、小さい曲になってしまうよ、と金平が指示を出しましてばぁさんもなるほど!と思い、手を入れておるのです。

やっぱり、時間って必要です。ビジネスの先生が、体が疲れるようなことはやめて、本当に大切なことに専念すべしとおっしゃったことが身にしみています。>われわれ 

疲れて体調崩す→休む→遅れる→焦る→体調壊す→休む→焦る・・・・の繰り返しでしたものね

義理父は昨年から、「仕事をするな。お金が足らないなら義理母から借金せよ」と囁いておりました。借金はしておりませんが、われわれには余計な仕事は不必要ってことでしょうな。今のやり方を続けよということのようです。われわれ、作品をどうやってものにするか、ほんの少しアイデアが浮かびました。

成功するか、失敗するかわかりませんが、やってみますよ。

今は、天空の縁側というblogなどが中心でして、受け身です。そのうちに攻めの対策をとることにしています。攻めといっても猫族の縄張り争いじゃないんで、心配しないでくださいよ。受け身の時代は年末まで続くでしょうね。その間、曲もアップして、受け身貫きます。

ところで・・・
昨年あたりから、どうしてもお金が必要になると、ありえないところから仕事が転がり込んできたりなど、奇跡のようなことが続いています。これも義理父の思し召しかもしれませんわ。多少スピリチュアル猫だと思っておりましたが、何かわれわれは、決まった方向へと動かされているような気持ちがします。

先日はばぁさんが電車に惹かれて死んだ夢をみたようでございます。その後どういうわけか生き返り、隣のウチから飛び出してきた亡き義理父に、「駅まで送ろうか」と言われ、車で送ってもらったそうですよ。義理父やたらと、派手なシャツを着ておりましたわ。それが2月末です。

一旦死んで生まれ変わるってこのことでしょうか?印象的すぎて忘れられない夢だそうですわ。

また後ほど書きます、今日は1日おやすみにするようですよ。



テーマ : 日記
ジャンル : 音楽

プロフィール

猫目石金平

Author:猫目石金平
55年間、主として音楽のみで活動してきました。

しかし・・・・・・・同じような仕事の繰り返し、黙ってやっていれば安泰だけど、自分の本当の意味での作品が作れないとの危機感に陥っていたのが、2008年〜2009年。

2010年に、10年以上続けた仕事を断り、自作品を作ることにしました。

2013年より2016年頃まで、ちょっとした迷いがあり、音楽活動を休止。

2017年3/22の父の死により転機が訪れます。父が亡くなる前、私の演奏や曲を聴きたがっていたこと、その他さまざまなことが重なり、創作活動に的を絞ることを決意しました。

2017年末、副業仕事から完全撤退し、音楽活動を再開します。
2018年6月、音楽創作活動に本格復帰。同時に商業的な音楽活動も再開。

11月24日、天王洲スタインウェイにて、国際ピアノデュオコンクール本選会。演奏審査があり、カワイ賞をいただく。

2019年5月、投資と音楽創作活動を推進中。作品をまとまった形で、世に出すべく、作品制作に邁進。



オフィシャルサイトを作りました 
 ↓ ↓ ↓
Labo-Chiron

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR