FC2ブログ

その後

前回の記事← からまた驚くべきことがあり、亡き義理父の力には感服している猫目石一家でございます。

前回の記事には会社を畳むと書きましたが 共同経営者の奥様がお一人で会社を存続させていくとの結論に達したということでした。

それは良いのですが、ご主人(社長)が立場を追われ(クビ)になり、住む場所もなくなったと書いておられました。これは、家賃は会社の金で落としていたという意味ではないかと、猫目石一家では話しておるところでございます。そうでなければ、ご自身の今の住まいを突然出て行く必要はありませんぞ。

どうみても零細としか思えない会社なのに、5箇所家賃を払うところがあったなんて。すごいです。社長(クビ)のお母さまに、月々20万円もし送りをなさっていたとか。こちらも会社のお金でしょうな。

猫目石一家は一度も会社組織にしたことはありませんので、よくわかりませんけれど、これは会社の金を私用に使っていたとの意味では?資本金は奥様のご両親もちだとか?親がかりだったんですね・・・

やっぱり やっぱり やっぱり やっぱり


嘘で固めた砂上の楼閣で精一杯無理して贅沢をアピールしていたのか・・とわれわれは驚くと同時に、スピリチュアルってほとんどが火の車なのに、無理している感じかもと思っておりまする。アメーバブログなどに、雲の上の出来事のような書き込みを書いておられる方々、ほとんど続いておりません。料金だけは馬鹿高いです。

一体どなたがお金を落としにいかれるのやら・・・

ばぁさんが最初に興味をもったのは、奥様と大学が一緒だったことでした。昨年だったか、奥様がテレビ出演されて、あちこちで噂が広がっていたため、サイトを覗き込んでいたところ、亡き義理父からの警告があったわけですね。

「こいつはでたらめじゃ 大嘘つきや!!」

その後、彼らに近い筋から、あの旦那は昔から嘘つきだったとか、金が儲かればなんでもいいのだとか、資本金などは奥様の家から出ている。ご主人は一銭も出していない」などと、一言でいえば親がかりであったことがばれたのです。

ご主人出版もされておりますが、ああいう実用書というものは、ほとんどゴーストライターさんが書いておるんですね。制作協力=ゴーストライターでございます。今は本が売れませんから、セミナーなどを手がけてお客を抱えていたりすれば、白羽の矢がたつのかもしれません。なんでも、編集者にノルマがあって、作家さんを探してくるようでございます。

裏事情がたくさんあるんですわね。

メルカリをみたら、こちらのご主人の本が鈴なりになって売りに出されておりましたよ。今後どうなさるんでしょうか?
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
メルカリに並んでいる本

それよりも何よりも、義理父のすごい力にわれわれ、驚くと同時に怖ささえ感じました。義理父の予告を守って生きていかなければと思っております。
スポンサーサイト



テーマ : 日記
ジャンル : 音楽

どんぴしゃ!!!

うさんくさい話かもしれませんが・・・

義理父のささやきの続き

↑ ↑
過去記事です。こちらの結果が出たんです。結果が出たのはおととい。猫目石一家は、その日はすっとんきょうな声がとびかっておりましたわ。

同時に、義理父のささやきの確かさを知って、安堵しております。もったいぶらずに結論を申し上げますね。

過去記事の人々、会社を畳ことになったそうなんですよ。原因が自己破産か、倒産か何かわかりませんよ。事実として、ご本人さまたちがblogで会社をやめることになったと、書いておられます。普通は、儲かっていればやめません。売り上げが極端に落ち込んだんでしょうな。家賃も払えなくなったんでしょうな・・・

みておりましてね・・・一流ホテルでの会食、寿司店での大盤振る舞い、セミナー後の懇親会(だいたい3万円前後)などを繰り返しておられました。たとえ儲かっていたとしても、毎日毎日金を湯水のように使っていたら、うまくはいきませんね。投資をする予定だったとか?このような方は向いていません。投資は節約から始まりますので。

あと、やっぱりスピリチュアルセミナーなるものは、まっとうではないですね。高額セミナー(最低でも20万円、最高で80万円、個人セミナーだと2時間¥56000!!)こんな高いお金を払って、国家資格がとれるわけではなし、一度は行ったとしても続きません。通っておられる方は、洗脳されているのでしょう。

内容的には、ビリーフをはずすとか?ビリーフ=信じ込んでいること 思い込んでいることの意

金平が申しますには、「信じ込んでいることは社会の常識だったりするよ。猫社会にも人間社会にも暗黙の決まりとかあるよね。そういうの破ったら良いことないよ。」と。ビリーフなぞ外さなくても良いのですよ!

あと、「好きなことをやって生きていく」と言ってましたわね、この人々。彼ら好きなことをやっていたのでしょうが、全然うまくできてませんよ!結論として、好きなことをやって生きていくには、リスクが伴うんだよ〜ということです。それを教えず、好きなことをやっていたらなんでもうまくいくんだよ!とバカになれというようなことを教えていたんですよ。その見本として、この人たち、50代にもなって取り返しのつかない失敗をしでかしてしまいましたわ。

義理父は「こいつはでたらめじゃ 大嘘つきや!!」

と警告してくれたのは、昨年のことでした。われわれと、ここをみておられる方々、多少は救われたかもしれませんや〜


おとといの一件と過去の経過より、猫目石一家では義理父のお告げには逆らわないことに決めました。労働、義理母の見舞いなどなど、亡き義理父の指示に忠実に対処しようと思いましたね。

それにしても・・・猫目石一家、なんだか、不思議ですわね。この一件だけではなく、偶然にしては偶然すぎるほどの出来事も、昨年から起き始め・・・戦々恐々としておりますよ。進むべき道は一本、引かれておるのです。その道を踏み外してもうまく進めるわけがありません。このように思った大きな出来事でした。

テーマ : 日記
ジャンル : 音楽

亡き義理父のお告げ

またまた、亡き義理父のお告げが的中したように思います。
本日は義理母の面会にいってまいりました。先週あたりから、食べる量が減ってきているように思いました。
また、見えていた左目もほとんど見えなくなり、今はわれわれの顔を確認することもできません。ばぁさんと金平が動けば、影が見えるくらいのようです。

お迎えは今日はきていなかったようです。先週までは枕元に亡き祖母が立っていたようですよ。他には、亡くなったはずの親戚から電話があったようです。

亡き義理父は、「お母さんはそんなには長く生きないよ。食べられるときに、好きなものを食べさせてやってくれ。」と囁いておりましたが・・・他には「八王子にはあと15回くらいしか行かない」と言っておりましたが、これはどうなのでしょうか?

実は最近、猫目石一家のアパートの一部屋が空きまして・・・この話を義理母にしましたところ、「施設から出たい」と言い始めました。われわれは、義理母の食欲がなくなったら、連れて戻るつもりもしております。家賃も施設の家賃と変わりませんしね。介護の会社はアパート内にあり、訪問医療専門の医師もアパート内で開業しておるのです。

もしかしたら、義理母は施設を出る方向になるやもしれません。そのことを、亡き義理父は暗に指し示しておったのでございましょうかね?(昨年のカード占断では、最終は猫目石一家の住まいにくるとの結果でしたよ。)

義理母は少しづつ弱ってきておることは確実なのですから、考えないといけませんね。

他には投資の件。義理父のお告げによれば、「猫目石のばぁさんは働いてはいけない。投資と創作でやれ」ということでしたね。それが的中しつつあるのですよ。投資信託も組み合わせによりますね。ばぁさんは国債と社債、アメリカ株を中心に、アクティブの日本株を少し入れておるのですが、まぁまぁ平穏無事でございます。

積立Nisaももちろんやっておりますが、想定外に良いすべりだしです。バカにしていたのですが、良いです。
今後不景気になった場合、アクティブ投資でないと、大損しそうですね。そのためにも今はインデックスとアクティブ両方の様子をみています。

われわれは今は様子見なので、まず100円入れてみて良さそうなものは資金を投入するといったやり方です。今年は株をやる時期ではないと、カード占断では出ました。本格参入のための予備としての修行ですね、今は。

猫目石一家は、慎重運転と、今だ!というときに即座に行動することを、過去の猫生、人生ではやってきました。今後もその調子で。多少を損をしても、大損の出ないうちに撤退することを頭にぶちこまないといけませんわ。

他には・・・義理父の「働くな」とお告げ。このお告げにしたがって、試験的にやめてみましたところ、当たり前のことですが、体力消耗しないせいで難しい曲が仕上がりました。義理父の声のとおり、義理母に借金をして、少しづつ返していくことが良いように思えました。

ちなみに、働くと弱いところに出てくるようでございますよ。ばぁさん疲れると目に出るのです。結膜炎、ものもらいなどなど。健康第一ですから、少しのお金のために動くのはやめることにしました。身体を痛めて、休むことになって、どんどん自分のやるべき仕事が遅れていくんです。

最近義理父は「おまえらの横にいつもいるよ」と言ってくれています。親は亡くなっても子のことを心配しているんですな。



テーマ : 日記
ジャンル : 音楽

プロフィール

猫目石金平

Author:猫目石金平
55年間、主として音楽のみで活動してきました。

しかし・・・・・・・同じような仕事の繰り返し、黙ってやっていれば安泰だけど、自分の本当の意味での作品が作れないとの危機感に陥っていたのが、2008年〜2009年。

2010年に、10年以上続けた仕事を断り、自作品を作ることにしました。

2013年より2016年頃まで、ちょっとした迷いがあり、音楽活動を休止。

2017年3/22の父の死により転機が訪れます。父が亡くなる前、私の演奏や曲を聴きたがっていたこと、その他さまざまなことが重なり、創作活動に的を絞ることを決意しました。

2017年末、副業仕事から完全撤退し、音楽活動を再開します。
2018年6月、音楽創作活動に本格復帰。同時に商業的な音楽活動も再開。

11月24日、天王洲スタインウェイにて、国際ピアノデュオコンクール本選会。演奏審査があり、カワイ賞をいただく。

2019年5月、投資と音楽創作活動を推進中。作品をまとまった形で、世に出すべく、作品制作に邁進。



オフィシャルサイトを作りました 
 ↓ ↓ ↓
Labo-Chiron

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR